臨床工学技士

臨床工学技士は、医師の指示のもと人工の呼吸器、透析装置、心肺装置などの生命維持管理装置の操作および保守点検を行う医療機器の専門家です。医学的・工学的な知識を兼ね備えている必要があり、一歩間違うと患者の生命に関わるため、重要な役割を担っているといえます。

実施日程
3月上旬
申込期間
12月~1月
受験料
30,800円
受験資格
①大学に入学する資格があり、文部科学大臣の指定校または都道府県知事が指定した臨床工学技士養成で3年以上、知識・技能を修得した者

②大学等で2年 (高等専門学校では5年) 以上修業し、かつ厚生労働大臣の指定科目を修めた者で、文部科学大臣の指定校または厚生労働大臣指定の臨床工学技士養成所で1年以上、知識・技能を修得した者

③大学等で1年 (高等専門学校では4年) 以上修業し、かつ厚生労働大臣の指定科目を修めた者で、文部科学大臣の指定校または都道府県知事が指定した臨床工学技士養成所で2年以上、知識・技能を修得した者

④大学(短期大学を除く)で厚生労働大臣の指定科目を修めて卒業した者 ほか
試験会場
北海道、東京都、大阪府、福岡県
出題範囲
①医学概論
(公衆衛生学、人の構造および機能、病理学概論および関係法規を含む)
②臨床医学総論
(臨床生理学、臨床生化学、臨床免疫学および臨床薬理学を含む)
③医用電気電子工学 (情報処理工学を含む)
④医用機械工学
⑤生体物性材料工学
⑥生体機能代行装置学
⑦医用治療機器学
⑧生体計測装置学
⑨医用機器安全管理学
結果発表
3月下旬

お問い合わせ先 公益財団法人 医療機器センター 試験事業部
URL: http://www.jaame.or.jp

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年2月2日 更新