システムアーキテクト

システムアーキテクトは、ITストラテジストからの提案を受け、情報システムや組込みシステムに必要な要件を調査・分析し、最適なシステム方式の設計と開発を主導する人のための試験です。合格するためには、システム構築のために必要な幅広い技術と知識を身につけている必要があります。

基本情報INFORMATION

実施日程
10月の第3日曜日
<2019年>
2019年10月20日(日)
申込期間
個人申込み
<2019年>
インターネット:2019年7月11日(木)~8月14日(水)18時
郵送:2019年7月11日(木)~8月8日(木)消印有効
申込方法
・インターネット
・郵送
受験料
5,700円(税込)
支払方法
インターネット
・クレジットカード
・Pay-easyによる払込み
・コンビニ

郵送
・郵便局
受験資格
どなたでも受験できます
試験会場
全国主要都市
試験時間
午前
①四肢択一の多肢選択式:50分
②四肢択一の多肢選択式:40分

午後
③記述式:90分
④論述式:120分
問題数
①四肢択一の多肢選択式:30問
②四肢択一の多肢選択式:25問
③記述式:4問
④論述式:3問
出題範囲
〔情報システム〕
①契約・合意に関すること
提案依頼書(RFP)・提案書の準備、プロジェクト計画立案の支援 など
②企画に関すること
対象業務の内容の確認、対象業務システムの分析、適用情報技術の調査、業務モデルの作成、システム化機能の整理とシステム方式の策定、サービスレベルと品質に対する基本方針の明確化、実現可能性の検討、システム選定方針の策定、コストとシステム投資効果の予測 など
③要件定義に関すること
要件の識別と制約条件の定義、業務要件の定義、組織及び環境要件の具体化、機能要件の定義、非機能要件の定義、スケジュールに関する要件の定義 など
④開発に関すること
システム要件定義、システム方式設計、ソフトウェア要件定義、ソフトウェア方式設計、ソフトウェア詳細設計、システム結合、システム適格性確認テスト、ソフトウェア導入、システム導入、ソフトウェア受入れ支援、システム受入れ支援 など
⑤運用・保守に関すること
運用テスト、業務及びシステムの移行、システム運用の評価、業務運用の評価、投資効果及び業務効果の評価、保守にかかわる問題把握及び修正分析 など
⑥関連知識
構成管理、品質保証、監査、関連法規、情報技術の動向 など

〔組込みシステム〕
①機能要件の分析、機能仕様の決定に関すること
開発システムの機能要件の分析、品質要件の分析、開発工程設計、コスト設計、性能設計、機能仕様のまとめ、関連技術 など
②機能仕様を満足させるハードウェアとソフトウェアの要求仕様の決定に関すること
ハードウェアとソフトウェアのトレードオフ、機能分割設計、システム構成要素への機能分割、装置間インタフェース仕様の決定、ソフトウェア要求仕様書・ハードウェア要求仕様書の作成、システムアーキテクチャ設計、信頼性設計、保守容易化設計、リアルタイムOSの選定 など
③組込みシステムに応じた開発手法の決定に関すること
モデルベース設計、プロセスモデル設計、オブジェクト指向モデル設計 など
④汎用的モジュールの利用に関すること
モジュール化設計、再利用、構成管理 など

お問い合わせ先 独立行政法人 情報処理推進機構
情報処理技術者試験センター
URL:http://www.jitec.ipa.go.jp/


※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年10月10日 更新