社会福祉会計簿記認定試験

社会福祉会計簿記認定試験は、社会福祉法人会計の専門知識を学び、財務のスペシャリストを目指すための認定試験です。社会福祉法人の会計業務は、企業における会計業務とは大きく異なるため、その特殊性に配慮した専門的な知識が必要になります。社会福祉会計分野で唯一の民間試験となっています。

新型コロナウイルス感染拡大による資格・検定の中止・延期情報はこちら。
※試験・講座の情報が変更されている場合があるため、最新情報は必ず各資格・検定公式ページをご確認ください。

基本情報INFORMATION

試験級
【上級】(簿記会計・財務管理)
【中級】
【初級】
実施日程
年1回(例年12月の第1週日曜日)

<2020年度>
2020年12月6日(日)
申込期間
<2020年度>
2020年9月14日(日)~11月9日(日)
申込方法
インターネット申込
受験料
【上級】2科目受験:17,600円
    単科受験:11,000円
【中級】8,800円
【初級】6,600円 (各税込)
支払方法
・コンビニエンスストア決済
・ペイジー決済
・電子マネー決済
・クレジットカード決済
・キャリア決済
・プリペイド決済
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
全国主要都市で実施予定
※会場は決定次第、ホームページで発表されます。
試験時間
各2時間
試験方法
筆記試験
難易度
【上級】
社会福祉法人における経営責任者、会計責任者、または会計の専門家等に必要とされるより応用的で高度な知識

【中級】
社会福祉法人の会計担当者として、実務において必要とされる知識

【初級】
社会福祉法人の会計補助者として必要とされる基礎的な知識
出題範囲
公式テキストより出題されます。
https://www.sofukuken.gr.jp/material/
学習の手引き
『社会福祉法人会計 簿記テキスト(新会計基準版)』※実務出版より販売中
『社会福祉会計簿記認定試験過去問題(簡易解説付き)』
※法人ホームページからも購入可能
合否基準
100点満点中70点以上
・各級各科目とも、設問のうち一つでも0点の大問がある場合には不合格とされます。
・上級は2科目(簿記会計、財務管理)共に合格した場合に「上級合格」となります。
・上級で単科のみ合格した場合には、次々回試験までその資格を有効とされます。
結果発表
1月中旬ごろインターネット上のマイページにて発表。
合格証書は2月下旬ごろまでにご自宅に発送されます。

お問い合わせ先 一般財団法人 総合福祉研究会
URL: http://www.sofukuken.gr.jp/index.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年10月19日 更新