日本の資格・検定

読みもの

一日一食“断食”と禅修行でデトックス。龍雲寺 禅堂(静岡・浜松)【ととのうスタディケーションリスト vol.3】

スタディケーションリスト

一日一食“断食”と禅修行でデトックス。龍雲寺 禅堂(静岡・浜松)【ととのうスタディケーションリスト vol.3】

【ととのうスタディケーションリスト】
「日本の資格・検定」が考えるスタディケーションとは、自分好みの非日常な環境に滞在し、“脳と身体をリフレッシュさせて勉強にも勤しむ!”というもの。脳身ととのう仕掛けが詰まった「日本の資格・検定」編集部の推し宿をご紹介。


静岡県浜松市にある半断食の宿坊「龍雲寺 禅堂」。Wi-Fi完備の完全個室滞在で、快適なデトックス時間が過ごせると評判だ。

規則正しい生活にリセットできるから、勉強への集中力が上がる

コチラの宿坊は、我慢をするだけの断食道場ではない。

全14部屋。窓からは佐鳴湖が見渡せる。温もりが感じられる木のデスクの上には、ダウン症の書家として知られる金澤翔子さんの作品が。

お寺でありながらホテルのような個室に泊まり、一日一食の精進料理をいただく。そして、僧侶と一緒に禅の世界に触れ、気持ちをととのえることができる。

木宮住職は、「ハードなイメージの断食道場とは違い、心と身体の悩みを手厚くサポートしたい」と話す。

高速Wi-Fiが完備された静かな個室にはデスクもあるので、勉強や仕事をしながら滞在する人が多いのだそう。

内面の浄化を促してくれる味わい深い精進料理

コチラの一日一食のメニューは、天皇陛下が浜松にお越しの際に、料理番を務めたという料理人によるもの。地元の食材を使って丹精込めて作り上げた料理は味わい深く、胃腸にも優しい逸品だ。

肉や魚を使わず植物性の素材のみを使用。

静かな気持ちで、ゆっくりと味わうと満足感も高まるから不思議。空腹時間を長く設けることで、内臓を休ませることができ、身体の浄化や集中力アップまでもが期待できる。

お茶や紅茶、コーヒー、炭酸水などは常備されていて、いつでも摂取が可能だ。

禅修行やトレーニング。脳をクリアにする仕掛けが満載

「龍雲寺 禅堂」に滞在したら、座禅をぜひ体験してほしい。


経典が掲げられた禅堂で、自身を顧みるひとときは貴重な体験となるに違いない。勉強にいき詰まったときや、試験への不安が募ってしまったときなどに最適だ。

禅堂では、朝夕の坐禅のほか、写経や枯山水線引きなど、心をととのえる体験が用意されていて、一日2講座まで無料で体験することができる。

また、心だけでなく身体をととのえるプログラムも豊富に揃う。勉強で凝り固まった筋肉をほぐすなら、専門トレーナーによるストレッチやトレーニングをぜひ。

その他、宿坊近くの佐鳴湖をウォーキングしたり、屋上の芝で日光浴やヨガをするなど、気の向くままに過ごすことができるのもうれしい。

いろいろな体験をするうちに、空腹感は感じられなくなっていく。

また、住職へのお悩み相談タイムなるものも設けられている。このひとときを求めて、足を運ぶリピーターも多いのだとか。資格・検定の勉強に励む皆さんなら、集中できる策を教えてもらってはいかがだろう。


9000坪の境内にある「龍雲寺 禅堂」は個室完備で、断食だけでなく、さまざまな体験できる宿坊。

6泊が基本コースで、忙しい人向けに2泊、3泊のお試しコースもあり。滝の水音や風に揺れる木々の音を聞きながら脳身をリセットさせて、集中力アップを図ってみては?

DATA
龍雲寺 禅堂
静岡県浜松市中央区入野町4702-14
料金:28,000円+入門料(2泊シングル利用1名)※入門料は初回のみ10,000円
https://www.ryouun-zendo.com

文=菊田 純子

人気記事ランキング

関連記事