アルミニウム溶接技能者

アルミニウム溶接技能者は、アルミニウム合金の溶接を行う専門家として必要な知識と技術を有していると認定された技能者です。アルミニウムの溶接には繊細な技術が必要とされるため、建設業界を中心に有資格者へのニーズは高いでしょう。

試験級
【基本級】 
【専門級】
実施日程
全国で月2~4回程度
申込期間
試験日の1カ月前まで
※定員に達し次第締切
受験料
〔学科〕 1,130円
〔実技〕 6,100円~29,230円
※材料費・消耗品費等が別途必要な場合もあります。
支払方法
・持参
・現金書留
・銀行振込
受験資格
【基本級】 
・1ヵ月以上アルミニウムの溶接技能を取得した満15歳以上の者
・アルミニウム溶接技術講習を修了した者

【専門級】
3ヵ月以上アルミニウムの溶接技能を習得した満15歳以上で、受験種類に対応する基本級の資格を所有する者
試験方法
学科試験+実技試験
出題範囲
〔学科試験〕
①溶接用アルミニウム材料
②溶加材と溶接部の性質
③溶接施工
④溶接装置の構造と取扱
⑤溶接部の検査
⑥溶接災害の防止

〔実技試験〕
溶接方法はティグ溶接とミグ溶接の突合わせ溶接で、それぞれ板は薄板・中板・厚板、管は薄肉管・中肉管・厚肉管に区分され、試験材から曲げ試験片を採取して表曲げ、裏曲げまたは側曲げなどの曲げ試験を行い、審査する
【基本級】各種版の下向き 
【専門級】各種版の立・横・上向き及び各種固定管

お問い合わせ先 一般社団法人 軽金属溶接協会
URL: http://www.jlwa.or.jp

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月26日 更新