マンション維持修繕技術者

マンション維持修繕技術者とは、マンションの維持・修繕に関して一定水準の知識と技術を有していることを認定された、住民の快適な生活を影で支えるプロフェッショナルです。試験に合格した後、登録することで「マンション維持修繕技術者」と称することができます。

基本情報INFORMATION

実施日程
毎年1月下旬の日曜日
申込期間
9月下旬~10月下旬
受験料
11,000円(税込)
受験資格
・大学などの建築(設備)に関する過程を修業し、建築・設備に関する所定の年数の実務経験を有する者
・管理業務主任者、マンション管理士、又は一級・二級建築士 ほか

詳細は公式サイトをご確認ください。
試験会場
東京、大阪、札幌、仙台、名古屋、広島、福岡
試験方法
筆記試験(択一式・記述式)
問題数
択一式:出題数50問
記述式:解答個数25問
出題範囲
①マンションの概論(一般建築知識含む)
②建物・設備の維持保全、劣化、調査診断 、修繕設計
③修繕工事の施工・監理
④マンション修繕に関わる法律等の知識 ほか
資格の更新
登録有効期間は5年間
更新の方法は、更新講習の受講、又は小論文提出のどちらかの選択となります。

お問い合わせ先 一般社団法人 マンション管理業協会
URL: http://kanrikyo.or.jp/index.html

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年1月29日 更新