高圧ガス製造保安責任者

高圧ガス製造保安責任者は、高圧ガスを取り扱う事業所などで災害防止に努め、保安の確保に携わる責任者です。高圧ガスの製造過程では、爆発事故や火災が起こることも考えられるため、高圧ガスを取り扱う事業所ごとに、有資格者を配置することが法令で義務付けられています。

試験級
【甲種】 
【乙種】
【丙種】
実施日程
11月中旬
申込期間
8月下旬~9月上旬
受験料
【甲種化学】【甲種機械】【第一種冷凍機械】 
各13,000円 (インターネット受付: 12,400円)

【乙種化学】【乙種機械】【第二種冷凍機械】 
各9,000円 (インターネット受付: 8,500円)

【丙種化学(特別試験科目・液化石油ガス)】【第三種冷凍機械】 
各8,400円 (インターネット受付: 7,900円)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
甲種化学、甲種機械及び第一種冷凍機械は経済産業局単位。
その他は都道府県単位で実施。
出題範囲
法令・保安管理技術・学識の3科目
※第三種冷凍機械には学識はありません。

お問い合わせ先 高圧ガス保安協会
URL: http://www.khk.or.jp

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。