販路コーディネータ検定試験

販路コーディネータ検定試験は、経営者の立場に立ち、事業戦略や商品・販売戦略、販売促進戦略といった業務のサポートができる人材を認定します。試験ではビジネスプランや販路選択、販売戦略といった幅広い知識が問われます。現在、多くの有資格者が中堅・中小企業をはじめとする多くの団体の頼れるアドバイザーとして活躍しています。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
年2回
受験資格
【1級】①販路コーディネータ2級取得者 ②セールスレップ1級取得者
【2級】販路コーディネータ3級取得者
【3級】どなたでも受験できます
試験会場
札幌 秋田 仙台 東京 名古屋 大阪 広島 福岡 沖縄を予定
試験方法
学科試験+技能試験
難易度
【1級】
事業戦略と商品戦略、販売戦略、販売促進戦略をブラッシュアップ、実践し成功に導くことができる。現状の製品開発から製品評価、販売促進活動にいたるまでの業務を一貫してサポートアドバイスできる。

【2級】
マーケティング・コーディネーターとして商品、販売、販売促進、技術戦略に関する専門的な知識を身につけ、プロデューサーとしての視点で必要な管理業務を遂行できる。

【3級】
マーケティング・コーディネーターとして、主に商品戦略、販売戦略、販売促進戦略の基礎的な知識と技術を身に付けている。
出題範囲
〔学科試験〕
・公式テキストの基礎、応用、実践知識と、それを理解した上での応用力を問う。
・出題範囲は公式テキストに準じる。

〔技能試験〕
・メーカー製品申請依頼書等による分野ごとのメーカー製品書類選考評価(工業系、商業系専門分野ごとのメーカー製品サンプル、メーカー製品申請依頼書等の資料による製品評価(販路コーディネータ2級)
・企業評価、製品評価、レーダーチャート作成、評価審査(販路コーディネータ1級/マネジメントマーケティング・コーディネーター)
合否基準
各科目ごとに60%以上の得点

お問い合わせ先 (社)日本販路コーディネータ協会 
URL: http://www.hanro.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年1月12日 更新