日本の資格・検定

資格・検定

販路コーディネータ検定試験

販路コーディネータ検定試験は、経営者の立場に立ち、事業戦略や商品・販売戦略、販売促進戦略といった業務のサポートができる人材を認定します。試験ではビジネスプランや販路選択、販売戦略といった幅広い知識が問われます。現在、多くの有資格者が中堅・中小企業をはじめとする多くの団体の頼れるアドバイザーとして活躍しています。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
級・会場により異なります。
申込URL
http://www.hanro.jp/index.html
受検料
<認定試験>
【1級】41,800円
※研修受講、試験受験、販路コーディネータ1級公式テキスト代を含む
【2級】13,200円
【3級】11,000円

<研修>
【2級】29,700円
【3級】22,000円(各税込)
受検資格・対象者
【1級】販路コーディネータ2級資格をお持ちの方、またはJSRA認定セールスレップ・マイスター資格をお持ちの方
【2級】販路コーディネータ3級資格をお持ちの方
【3級】どなたでも受験できます
試験会場
級により異なります。
試験方法
【1級】学科試験+技能試験+口述試験+論文試験
【2級】学科試験+技能試験+論文試験
【3級】学科試験
難易度
【1級】
事業戦略と商品戦略、販売戦略、販売促進戦略をブラッシュアップ、実践し成功に導くことができる。現状の製品開発から製品評価、販売促進活動にいたるまでの業務を一貫してサポートアドバイスできる。

【2級】
マーケティング・コーディネータとして商品、販売、販売促進、技術戦略に関する専門的な知識を身につけ、プロデューサーとしての視点で必要な管理業務を遂行できる。

【3級】
マーケティング・コーディネータとして、主に商品戦略、販売戦略、販売促進戦略の基礎的な知識と技術を身に付けている。
出題範囲
〔学科試験・技能試験〕
・公式テキストの基礎、応用、実践知識と、それを理解した上での応用力を問う。
・出題範囲は公式テキストに準じる。
合否基準
<認定試験>
各科目ごとに60%以上の得点

試験主催者

一般社団法人 日本販路コーディネータ協会 
URL: http://www.hanro.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年6月10日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。