中国百科検定

中国百科検定は、日本中国友好協会が主催している比較的新しい検定で、中国の地理・政治経済・歴史・文化・芸術・風俗習慣など、幅広い分野から中国全般に関する知識を測ります。語学系の資格とは異なり、中国への理解を深めてもらう趣旨で実施しているものです。

試験級
【特級】〔マスターコース〕
【1級】〔百科老師コース〕
【2級】〔中国通コース〕
【3級】〔ものしりコース〕
実施日程
<第5回>
2018年12月9日(日)

<第6回>
2019年3月21日(祝/木)
受験料
【1級・特級】5,200円 (学生4,000円)
【2級】4,200円 (学生3,000円)
【3級】3,200円 (学生2,000円)
※併願不可
受験資格
【特級】1級合格者
【1級】2級合格者
【2級・3級】どなたでも受験できます。

※日本語での設問です。
試験会場
札幌、盛岡、仙台、つくば、宇都宮、前橋、さいたま、千葉、東京、横浜、静岡、金沢、名古屋、津、京都、大阪、神戸、岡山、広島、山口、米子、松山、福岡、北九州、長崎、大分、熊本、宮崎、甲府
試験時間
50分
試験方法
【特級】記述式
【1級・2級・3級】マークシート方式(四肢択一)
問題数
【特級】全40問
【1級・2級・3級】全60問
出題範囲
公式テキスト『中国百科』とホームページ掲載の増補分を基本範囲として、地理、政治経済、歴史、文化・芸術・風俗習慣の4分野から出題されます。

【特級】
各分野を極めていてほしい知識のレベル。地理、政治経済、歴史、文化・芸術・風俗習慣の4分野から1分野を選択。他分野との併願はできません。

【1級】
中国事情に熟知していてほしい知識のレベル。『中国百科検定問題集』の1級を参考に、公式テキスト『中国百科』をマスターして受験準備されたい。

【2級】
中国に関心の深い人は持っていてほしい知識のレベル。『中国百科検定問題集』の2,3級をマスターし、できれば公式テキスト『中国百科』を熟読して受験準備されたい。

【3級】
少しでも中国に関心があれば持っていてほしい知識のレベル。『中国百科検定問題集』の中からほぼ全問出題されます。
合否基準
【特級・1級】正答率80%以上
【2級・3級】正答率70%以上

お問い合わせ先 日本中国友好協会
URL: http://www.jcfa-net.gr.jp/kentei/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年5月21日 更新