JSHI公認ホームインスペクター資格試験

JSHI公認ホームインスペクター資格試験

不動産・建築・工事

この試験は、既存住宅の劣化状況や欠陥の有無を中立な立場で診断するために必要な知識と見識を問うものです。建築士の資格とは異なり、劣化診断という分野に絞られた専門性の高い資格といえます。リフォームや中古住宅の売買の増加が見込まれる中で、今後も活躍が期待されています。

実施日程
11月中旬

<2018年度>
2018年11月18日(日)
申込期間
7月上旬~9月下旬

<2018年度>
2018年6月25日(月)~9月14日(金)15時着分まで
受験料
14,000円 (税込)
(そのほか、登録時には入会金・年会費が必要)
支払方法
指定口座への銀行振り込み
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
試験時間
90分
試験方法
筆記試験(マークシート方式)
問題数
50問
出題範囲
① 住宅に関わる建築の法規や実務範囲のガイドラインに関すること (建築基準法、建築士法、住宅の品質確保の促進等に関する法律)
② 主に木造住宅、マンションの構造部材などの名称に関すること
③ 住宅の給排水、衛生、空調、電気設備に関する呼称や 一般的な仕様に関すること
④ 木造住宅、マンションの施工に関すること
⑤ 木造住宅、マンションの劣化の判断に関すること
⑥ 調査・診断方法に関すること
⑦ マンションの管理に関すること
⑧ 報告書の作成に関すること
⑨ 一般的な住宅の売買・取引の形態や契約に関すること
⑩ 業務に関するコンプライアンス、モラル、マナーに関すること
学習の手引き
公式テキストや問題集がございます。
詳細はこちらをご確認ください。
https://www.jshi.org/industry/referbook/
結果発表
12月中旬

<2018年度>
2018年12月20日(木)

お問い合わせ先 内閣府認証NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会
URL: https://www.jshi.org/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月8日 更新