観光英語検定

観光英語検定は、旅行・観光分野で必要となる英語力を評価する検定試験です。訪日外国人が増えている今日、観光英語は非常に重要視されています。旅行会社・ホテル・レストラン等の業界で高い需要があり、この資格を取得することで就職においても有利となるでしょう。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
受験料
【1級】 10,000円
【2級】 4,600円
【3級】 3,600円
受験資格
誰でも受験できる
試験会場
札幌、仙台、東京、横浜、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、松山、高知、福岡、那覇 ほか (試験日により異なる)
試験方法
筆記試験とリスニング
難易度
【1級】TOEIC〔B・C〕レベル(600-800)、英検®準1級・1級 程度
【2級】TOEIC〔C〕レベル(470-600)、英検®2級 程度
【3級】TOEIC〔D〕レベル(220-470)、英検®3級 程度
出題範囲
【1級】〈筆記〉〈リスニング〉
以下の範囲での観光、旅行業に必要な実務英語
①場所 (各種受付、入国審査など)
②状況
(苦情と謝罪、要求と情報提供、予約および変更・キャンセルなど)
③文書など (ファクシミリ、チケットなど)
④専門知識
(航空会社・ホテルなどで一般的に使われる略語や専門用語)
⑤その他 (世界各国の文化や習慣、国際儀礼)

【2級】〈筆記〉〈リスニング〉
予約関連業務、ホテル関連業務、出入国に関する手続き、機内放送などのアナウンス、食事、通貨、交通機関など、観光・旅行業に必要となる基本的な英語および英語による日常会話 (3級の範囲含む)

【3級】〈筆記〉〈リスニング〉
曜日、時刻、数字 (単位含む)、英語の掲示やパンフレット、地名、あいさつなど、観光・旅行に必要となる初歩的な英語および英語による日常会話

お問い合わせ先 全国語学ビジネス観光教育協会 観光英検センター
URL: http://kanko.zgb.gr.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。