競売不動産取扱主任者

競売不動産取扱主任者は、不動産競売についての専門知識を認定する資格です。不動産競売のプロとして、競売不動産購入者に対して競売に関するアドバイス及びサポートを行います。競売物件を扱うにはトラブル防止のための調査や知識が必要となるので、安心できる取引を行うことができる有資格者のニーズは高いでしょう。

基本情報INFORMATION

実施日程
12月上旬

<2018年度>
2018年12月9日(日)
申込期間
8月上旬~10月下旬

<2018年度>
2018年8月1日(水)~10月31日(水)
受験料
9,500円(税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
札幌、仙台、新潟、金沢、埼玉、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄
試験方法
筆記試験(マークシート方式)
問題数
50問
出題範囲
①不動産競売実務
②民事執行法
③民事訴訟法
④民法
⑤宅地建物取引業法
⑥都市計画法
⑦建築基準法
⑧税法。
⑨裁判所資料の正確な理解
⑩競売不動産の出品から、落札、明渡迄とその付随する物の法律知識等。
結果発表
翌年1月中旬 (協会ホームページに掲載)

お問い合わせ先 一般社団法人 不動産競売流通協会 試験センター
URL: http://www.fkr.or.jp/exam/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月7日 更新