計装士

計装士は計装制御機器を設置する専門家で、計測制御機器の取付工事や、付随する配管および配線工事の設計・監督を行います。計装は工場や高層ビルなどあらゆるジャンルの建築工事で用いられる技術であるため、計装士の資格は幅広いシーンで活用することができるでしょう。

試験級
【1級】
【2級】
実施日程
〔学科〕 8月下旬
〔実地〕 12月中旬

<2018年度>
〔学科〕
【1級】2018年8月25日(土)
【2級】2018年8月26日(日)
〔実地〕
【1級】2018年12月8日(土)
【2級】2018年12月9日(日)
受験料
〔学科〕 7,400円
〔実地〕 17,500円 (各税込)
受験資格
【1級】
①計装工事の設計・施工の実務経験5年以上
②2級計装士合格者については、実務経験4年6ヵ月以上

【2級】
計装工事の設計・施工の実務経験2年以上

※1級の実務経験年数には、指導監督的実務経験1年以上を含む。
実務経験とは、建築物その他の工作物、またはその設備において、計測・制御・監視設備工事またはデータ回線工事の設計・施工に従事することをいう。
指導監督的実務経験とは、工事の施工管理業務に従事した経験などをいう。
試験会場
全国5地区(東北、関東、中部、関西、九州)
出題範囲
【1級・2級】
〔学科〕
①計装一般知識
②計装設備 (プラント、ビル)
③施工管理 (プラント設備、ビル設備)
④計装関係法令

〔実地〕
工事計画、材料・製品の判定、計装設計、計装工事設計、制御ロジック、検査調整、安全衛生、計装工事材料積算、計装工事、工数積算

お問い合わせ先 一般社団法人 日本計装工業会
URL: http://www.keiso.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月27日 更新