小売業 計数能力検定

小売業 計数能力検定は、流通・小売業に携わる社員の方の実用計数能力を向上させることを目的とした検定試験です。計数を学ぶことは、ローコスト化やロス削減などの業務改善に直結します。現場の仕事を分析して改善につなげる、という職場の習慣づくりにも、学習を通して得た知識を活用できるでしょう。

試験級
【上級】
【中級】
【初級】
受験料
【上級】7,560円
【中級】5,400円
【初級】3,240円 (各税込)
受験資格
どなたでも受験できます
試験会場
東京、大阪
試験方法
筆記試験
(正誤式、穴埋式による問題ならびに計算問題と記述問題)
難易度
【上級】部門や店舗全体の売上計画や効率を捉え、改善・コントロールすることのできるレベル

【中級】小売業における計数の基本を知り、販売効率や売価管理などを理解しているレベル

【初級】流通・小売業における計数の基礎を知り、売上高・値入高・荒利益高などを理解しているレベル
出題範囲
【上級】
①店の政策立案とマネジメントの重要性
②計数を活用した現状の把握と分析、店の損益の見方と分析(部門、月次)
③利益計画の立て方
④売上計画の立て方
⑤仕入計画の立て方
⑥要員計画の立て方
⑦経費計画
⑧差異分析と進行管理
⑨利益改善の視点と計数の活用
⑩財務諸表の基礎

【中級】
①販売の仕組みの基礎計数
販売/原価/荒利益高など
②売上高に関する基礎計数
客数/客単価/ABC分析など
③荒利益高に関する基礎計数
値入率/売価変更/ロス率など
④販売効率(生産性)の基礎計数
商品/売場など

【初級】
①店舗の利益構造の理解
②売上高の分解
③値入計算
④荒利益高計算
⑤販売ロスの改善
⑥歩留まり計算
⑦予算を通じて売上高をつかむ
⑧実績管理
合否基準
100点満点中70点以上

お問い合わせ先 公開経営指導協会
URL: http://www.jcinet.or.jp/exam/calculation/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年3月27日 更新