司法試験

司法試験は裁判官、検察官又は弁護士を目指す者に必要な学識・応用能力が備わっているかどうかを判定するための国家試験です。裁判員制度の導入や被害者参加制度など、日本の司法は大きな変換点を迎えており、司法を支える法曹の役割は今後ますます重要になるでしょう。

実施日程
5月中旬の4日間
申込期間
11月下旬~12月上旬
受験料
28,000円
支払方法
収入印紙
受験資格
①受験時において法科大学院の課程を修了している者
②司法試験予備試験に合格した者

※受験期間は受験資格を取得した日後の最初の4月1日から5年です。
試験会場
札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市
試験方法
筆記試験(論文式+短答式)
出題範囲
〔短答式〕
①憲法 
②民法 
③刑法

〔論文式〕
①公法系科目(憲法及び行政法に関する分野の科目)
②民事系科目(民法,商法及び民事訴訟法に関する分野の科目)
③刑事系科目(刑法及び刑事訴訟法に関する分野の科目)
④選択科目
結果発表
9月中旬

お問い合わせ先 司法試験委員会
URL: http://www.moj.go.jp/shikaku_saiyo_index1.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月31日 更新