歯科衛生士

歯科衛生士は、歯科医療を行う歯科医師をサポート業務をおこなうために必要となる資格です。患者の歯石・歯垢の除去、正しい歯ブラシの使い方の指導、器具などの準備・管理、また受付事務やカルテの整理など幅広い業務を行います。

実施日程
3月上旬
申込期間
1月上旬~下旬
受験料
14,300円
受験資格
①文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校を卒業した者
 (卒業見込みの者を含む)
②都道府県知事の指定した歯科衛生士養成所を卒業した者
 (卒業見込みの者を含む)
③外国の歯科衛生士学校を卒業し、又は外国において歯科衛生士免許を得た者で、厚生労働大臣が前2号に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者
試験会場
北海道、宮城、千葉、新潟、愛知、大阪、広島、香川、福岡、沖縄
出題範囲
①人体(歯・口腔を除く)の構造と機能
②歯・口腔の構造と機能
③疾病の成り立ちおよび回復過程の促進
④歯・口腔の健康と予防にかかわる人間と社会の仕組み
⑤歯科衛生士概論
⑥臨床歯科医学
⑦歯科予防処置論
⑧歯科保健指導論
⑨歯科診療補助論
結果発表
3月下旬

お問い合わせ先 一般財団法人 歯科医療振興財団
URL: http://www.dc-training.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月11日 更新