スマートフォン・モバイル実務検定

スマートフォン・モバイル実務検定では、携帯電話サービスの販売等の業務で必要となる基礎知識・法知識を習得していることを認定します。携帯電話の販売員やIT・モバイル関連企業に勤務されている方などにおススメの検定です。

基本情報INFORMATION

実施日程
7月 翌年1月
(試験期間約2週間)

<第26回>
2020年7月20日(月) ~ 8月7日(金)
申込期間
<第26回>
2020年5月25日(月) ~ 7月15日(水)
受検料
8,800円(税込)
支払方法
①個人申込
・クレジットカード決済
・コンビニエンスストア決済

②団体申込
請求書発行(詳細はMCPC検定事務局までお問い合わせください。)
受検資格
満16歳以上
試験時間
60分
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
問題数
60問
出題範囲
モバイル基礎テキスト第6版を中心に出題
①スマートフォン等のモバイル端末の市場に関する知識
②商品・サービス等の知識
③コンテンツとアプリケーションに関する知識
④モバイル関連技術・サービスの将来
⑤消費者保護に関する知識
⑥有害情報対策、紛失/盗難時の対処、セキュリティ等
⑦個人情報保護に関する知識
⑧関係法令およびガイドラインに関する知識

※公式テキスト外からも一般常識として時事問題が出題されます(全出題の1割程度)
学習の手引き
公式テキストがございます。
http://www.mcpc-jp.org/kentei/text.html#L02
結果発表
マイページにて合否をお知らせします。
資格の更新
合格された方で「スマートフォン・ケータイアドバイザーカード」を申請された方は、2年間有効となります。
取得後2年を経過されますと更新手続きが必要となります。

お問い合わせ先 MCPC検定事務局
URL: http://www.mcpc-jp.org/kentei/kentei_keitai/index.html

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年4月8日 更新