照明士(R)

照明士®とは、照明に関する高度な専門知識を有する照明のスペシャリストです。新しい照明機器の開発や新しい考え方を反映した照明環境の計画・設計の他、お客様のニーズや建物の用途、コンセプトに合わせて、オフィス・店舗や住宅などさまざまな場所の照明をコンサルティングします。照明関連企業の従事者のほか、設計、インテリア、電気設備関連の企業に従事している方にも人気の資格です。

基本情報INFORMATION

実施日程
6月 ~ 翌年2月
申込期間
3月中旬~5月中旬(郵送によるお申込みは消印有効)
受験料
〔受講料〕
36,720円 (税込)+非会員の方:7,500円 (非課税、受講開始後の年会費分)
※会員でない方は申込と同時に正会員の入会手続が必要です。
受験資格
照明学会の会員であること。
(申込時に入会可。学生会員、准員の方は、受講の翌年度から正会員へ種別を変更)
試験方法
解答提出(マークシートまたはWeb)+レポート+スクーリング(特別講義)
出題範囲
通信講座とスクーリングで取得できます。

①照明設備 ②視覚の基礎、色彩学 ③初等幾何光学と測光量
④光環境の見え方とその役立ち ⑤市街地のトラフィック
⑥視覚情報表示とシステム ⑦防災照明システム ⑧生物環境
⑨工業分野 ⑩光エネルギーの障害 ⑪照明関係の安全基準 他

※4週間ごとに第1回から第4回の解答提出後、レポート (A4サイズ1枚程度) 提出。これら全てが60点以上とスクーリング履修で合格となり、「照明士®」の称号が与えられる。なお、スクーリングは原則e-learningでの受講となる(ネット環境がない場合は郵送資料による受講も指定可)。

お問い合わせ先 一般社団法人 照明学会
URL: https://www.ieij.or.jp/index.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月24日 更新