特別支援学校教諭免許状

特別支援学校教諭免許状は、特別支援学校や一般校に併設されている特殊学級において、教科指導や自立教育などをを行うために必要な資格です。それぞれの障害の特徴や困難さを理解した指導が必要になるので、教師の中でも専門性の高い教育知識が必要となります。

基本情報INFORMATION

試験級
【専修免許状】
【一種免許状】
【二種免許状】
実施日程
実施地域により異なります
試験方法
〔1次〕筆記試験+論文
〔2次〕面接+実技
※実技は音楽科・美術科・保健体育科・英語科のみ
備考
【専修免許状】
大学院の修士課程を修了しており、小学校、中学校、高等学校または幼稚園教諭の普通免許を取得した方で、特別支援教育に関する専門教育科目を50単位(1種免許に24単位を加え)以上修得した方 ほか

【一種免許状】
大学を卒業し、学校、中学校、高等学校または幼稚園教諭の普通免許を取得した方で、特別支援教育に関する専門教育科目を26単位以上修得した方 ほか

【二種免許状】
学校、中学校、高等学校または幼稚園教諭の普通免許を取得した方で、特別支援教育に関する専門教育科目を16単位以上修得した方 ほか

お問い合わせ先 各都道府県教育委員会

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年7月5日 更新