和裁検定試験

和裁検定試験は、振袖や訪問着などの和服を仕立てる知識・技能の程度を認定する試験です。各級とも学科と実技で判定され、初歩的な知識を問う4級から浴衣の製作・部分縫いなどの高度な技術力を問う1級まで存在します。仕事で活かすためには、技術の証明をする意味でも2級以上の取得が望ましいでしょう。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
【4級】
実施日程
9月中旬
受験料
【1級】 16,200円
【2級】 14,040円
【3級】 10,800円
【4級】 5,400円
受験資格
【1級】和裁検定試験2級合格者または国家検定和裁技能士2級合格者
【2~4級】どなたでも受験できます。
試験会場
東京 (1級~4級)、 高松 (2級~4級)
試験時間
【1級】〔筆記〕50分〔実技〕8時間30分〔部分縫い〕3時間
【2級】〔筆記〕50分〔実技〕6時間30分〔部分縫い〕3時間
【3級】〔筆記〕20分〔実技〕5時間45分〔部分縫い〕30分
【4級】〔筆記〕20分〔実技〕3時間30分
試験方法
筆記+実技+部分縫い
難易度
【1級】職業として更に高度の実技と理論全般について精通している。
【2級】職業としての実技と理論を修得している。
【3級】基本的な実技と理論を修得している。
【4級】初歩的な実技と理論を修得している。
合否基準
70点以上(100点満点)

お問い合わせ先 東京商工会議所 検定センター
URL: http://www.kentei.org/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。