学びのメディア「日本の資格・検定」

読みもの

持ち運びたくなるお洒落ブックレストが参考書のイライラをあっさり解決!【受験生を救う文房具テク vol.2】

勉強効率を上げる方法

持ち運びたくなるお洒落ブックレストが参考書のイライラをあっさり解決!【受験生を救う文房具テク vol.2】

【受験生を救う文房具テク】
文房具なんて何でもいい、なんてナンセンス。
「試験合格のカギは文房具にあり」といっても過言ではない。

この連載では、受験生の味方になる優れた文房具を紹介すると共に、ちょっとイイ使い方テクニックや、「日本の資格・検定」編集スタッフのリアルな声もお届け。

今回の逸品は……ハイタイド「メタルブックレスト」

本を立て掛けるだけではなく、ページを開いて固定できる仕様。[本体]幅175×高さ235×奥行14mm [重量]150g。

開いたページを見やすい角度で固定! 勉強中のあのイライラもどこへやら

本の大きさや厚みによって角度を3段階で調節できる優れもの。


机の上に広げていた参考書が不意にぱたぱたと閉じてしまい、イラっとした経験はないだろうか?

これには、編集部でも「あるある」と共感の声がちらほら。

「分厚い本だと開いた状態を保てない。かといって折り目をつけるのも時間の無駄」「新しく分厚い参考書を買ったら、全体重をかけて折り目を付ける。あれはなかなかの重労働」と、参考書の”自動クローズ現象”は勉強中のストレスになっているよう。

目線を落とさずに本を読むことができるから、目と首の疲労感が違う。スマホやタブレットも立てかけられるので、通信講座を見ながらの勉強にも。


そこでおススメしたいのが、ハイタイドの「メタルブックレスト」。

分厚い本でも、ページを開いた状態かつ、読みやすい角度でしっかり固定できる。本に折り目を付ける手間が不要なので、タイパ向上にも大いに貢献。

使用時はもちろん、収納時も省スペースの”高スペパ”アイテムだった!

参考書に関してもうひとつストレスを挙げるなら、カフェやワークスペースの狭いデスクで堂々と広げられないこと。

テキストとノートを重ねて開いてみても、「テキストの右ページを見ながら、ノートの左ページに書く」なんて状態は定期的に巡ってくる。

編集部には、「ノートはデスクの上で開いて、テキストは膝の上に開いて置く」という猛者も。

テキストとノートを同時に開くとデスクがいっぱいになってしまうが……。→テキストを立てるだけでデスクはすっきり。無理なくノートに書き込める上、目線の運びも楽に。


そこで、本を立てて広げることができる「メタルブックレスト」があれば、このストレスも難なく解決してくれる。

カフェ勉やスタディケーション推しの編集Fも、その使い心地の良さに太鼓判!

「カフェやホテルのコンパクトなデスクで勉強するときに重宝しています。安定性が高いので厚めの本を立ててもグラグラしません。使わないときは薄くコンパクトに折りたためるのも高ポイント!軽いから持ち運びも苦じゃないんです」

折りたためばテキストよりも薄く。デスクの引き出しにもこんなにすっきりと収まる。


そう。ハイタイドの「メタルブックレスト」はこんなに薄く折りたためる。

重量も150gと、コンビニのおにぎり程の重さなので、鞄に忍ばせて持ち歩いても苦にならない。

その上、豊富なカラーバリエーションも魅力。

なんと全11色展開で、欲しい色が絶対に見つかるラインナップ。インテリアやデスク周りの雰囲気に合わせて色を選ぶのも面白い。

商品情報

「メタルブックレスト」1,100円/ハイタイド
https://www.hightide.co.jp/


1台でスぺパもタイパも叶えてくれる才色兼備な「メタルブックレスト」。

スタイリッシュなメタル素材に、お洒落な絶妙カラーはデスクでも映えること間違いなし。今すぐ勉強のお供に仲間入りさせたい逸品だ。

文=菊田 純子
イラスト=清水 ハジメ

人気記事ランキング

関連記事