日本の資格・検定

公式記事

合格を引き寄せる”幸運のカップ”が話題。横浜の隠れ家カフェ「炭火焙煎珈琲 無」

勉強するならこんなところ

合格を引き寄せる”幸運のカップ”が話題。横浜の隠れ家カフェ「炭火焙煎珈琲 無」

神奈川県は横浜。東急東横線の元町・中華街駅は今日もごった返している。

アジアの空気を求める人々に逆行して進むと、古き良き石畳の通りに出るのをご存知だろうか。

レトロなケーキ店や老舗のテーラーが並ぶ通りにポツンと佇む無骨な「無」の一文字はどうしたって気になってしまう。

看板脇の細い階段を上がった先にあるのが、「炭火焙煎珈琲 無」。平日は店内での勉強や読書も可能ということで、試験前の身にはありがたい隠れ家を見つけてしまった。

 

SNSで11万いいねも。彫刻のような「氷珈琲」は店の看板メニュー

光に透けるブラウンの氷は、見ているだけでも煮詰まった脳が癒されるよう。


一番人気は「氷珈琲(900円)」。30年も前から「無」の定番メニューだったが、大迫力のビジュアルがSNSで11万いいねを獲得するなど、この数年で話題に。

「バットでコーヒーを凍らせるから、仕込みに1~2日かかるんだよ」と小学校の机ほど大きいバットを見せてくれたマスター。

氷自体がキリっと苦みのある濃いコーヒーだから、勉強している間に溶かしながらちびちび飲むのにぴったりだ。

「ブレンド」は一般的な豆の2倍の量を使用。新鮮さが命の一杯

コーヒー特有のえぐみが苦手という人でも、「無」のコーヒーは試す価値アリ「ブレンド」のお供として人気なのが「自家製チーズケーキ(600円)」。


氷珈琲と人気を二分するのが、マスターもイチ押しの「ブレンド(800円)」。

使用する豆は、マスターが「喫茶店を開くならどうしてもここの豆を使いたい」と交渉を重ねた神戸の老舗・萩原珈琲から取り寄せている。

一般的に飲まれているコーヒーの2倍の豆を使うから、荒挽きで手早く淹れても濃厚なのにさっぱりとした味わい。集中したいときのお供にぴったりの一杯だ。

店内奥にある、個室”風”スペースも勉強にうってつけ。

 

合格祈願のおまじない。「幸運のカップ」を見つけよう

カウンター越しには、日本の焼き物からヨーロピアンな陶器までさまざまなデザインのカップ&ソーサーが。金継はお店からほど近いアトリエに依頼しているのだとか。店内の小物にも金継が。温かいのにモダンな雰囲気。


「無」のうれしいサービスといえば、壁一面に飾られたカップ&ソーサーから好みのものを選べること。

カウンター席に通されたときのみのサービスだけど、そのほとんどはマスターが1点1点買い付けたレアもの。さらに、不慮の事故で欠けてしまったものは金継が施され、元の姿からさらに味わいを増している。

手のひらにしっとり馴染むような「幸運のカップ」は、ドイツの老舗陶磁器ブランド、ローゼンタールの年代物。


「あるお客さんが、『このカップでコーヒーを飲んだあとは絶対に良いことが起こる』って言ってね、だから店では幸運のカップって呼んでいるよ」とマスターが出してきてくれたのは、渋くて複雑な色合いと金の点描がオリエンタルなカップ&ソーサー。

試験前の願掛けにこのカップでコーヒーを飲めば、なんだか上手くいくような気がしてしまう。

この他にも海外の人気陶器メーカーや国内作家の作品まで、眺めているだけで心が躍るレアなカップがたくさん。どうしても選べなかったら、マスターにおススメを聞いてみるのも良さそう。

DATA
炭火焙煎珈琲 無
温かくて粋だけど、どこか少年のようなマスターは13年間サラリーマンや公務員をした後「自分には向いていない!」とコーヒーの道へ。仙台や鎌倉、国立なども出店候補に挙がったものの、横浜の地に「無」をオープン。俳優の故・三國連太郎さんも常連だったそう。

横浜市中区元町1丁目1−21野中ビル2F
045-661-0292
営業時間:10:30~21:00
定休日:月曜
※平日のみ勉強利用可能。混雑時は要相談。

撮影=新澤 遥


記事を保存するにはログインまたは会員登録が必要です

関連タグ
#勉強スポット

新着記事一覧へ

人気記事ランキング

関連記事