日本の資格・検定

公式記事

動画配信は新しい勉強法になる!?漢検&日本語検定1級YouTuberに聞きました!

インタビュー #漢検&日本語検定1級YouTuberに聞きました! #勉強方法 #漢検 #日本語検定

動画配信は新しい勉強法になる!?漢検&日本語検定1級YouTuberに聞きました!
漢検&日本語検定1級YouTuberのあびさんと、元・芸人で編集部スタッフの望月遼馬の対談を連載するこの企画!第4回では動画作成の裏側や、勉強のアウトプットとしてのYouTube配信について伺いました!
この企画の他の記事はこちら

お話を聞いたのはこの方

あび さん
現在20歳の大学3年生。高校1年生のときに漢検準1級合格、大学2年生のときに5度目の挑戦で漢検1級に初合格。その後も受検を続ける漢検1級リピーター。
日本語検定1級も合格し、2021年度第1回試験では日本語検定委員会賞と、2度目となる時事通信社賞を受賞。YouTubeで活躍するほか、漢字の同好会では講師なども担当。
Youtubeチャンネルはこちら

インタビュアーはこの人

望月遼馬
元・芸人で、25の資格を持つ「日本の資格・検定」編集部スタッフ。
上司のしか犬ぶちょーと共にさまざまな資格・検定にチャレンジしている。
「ノー勉強で漢検何級まで受かるか?」というブログ企画では漢検3級まで合格。準2級は勉強しても2度不合格という結果に…。


YouTubeを始めたきっかけは漢字!

望月:あびさんがYouTubeで動画配信を始めたきっかけは何ですか?

あびさん:YouTubeを始めたきっかけは、やはり漢字です。

漢検1級ホルダーで動画投稿をしている方がまだあまりいなかったので、自分からの情報発信で漢字や漢検の情報をもっとたくさんの方に知ってもらいたいと思い、YouTubeでの活動を始めました。

望月:なるほど!

あびさん:それに、自分の好きなことを活かして、YouTuberという新しいチャレンジができる点もすごくワクワク感がありました。




趣味は漢字の勉強!漢字好きが高じて始めたことは…。

望月:そもそもそこまで漢字にどハマりしたきっかけって何だったんでしょうか?

あびさん:小学4年生のときに読んだ『読めそうで読めない間違いやすい漢字』(二見書房)という本が漢字を好きになったきっかけです。

ちょうど私が小学生の頃に、テレビのクイズ番組で連日漢字の問題が出題されていたのもあって、それから「趣味=漢字」になってしまいました(笑)

望月:趣味が漢字の勉強なら、漢字の勉強も動画撮影もしていないときはどんなふうに過ごしているんですか?(笑)

あびさん:大学のサークルで弓道をしているので、その練習をしたり、大学の課題やアルバイトをしたり、もちろんダラダラしているときもあります(笑)

望月:弓道ですか!?カッコいいですね!

あびさん:ありがとうございます!

実は…、弓道も漢検1級で出題される弓道関連の漢字の意味がよく分からず、「これは実際に見てみるしかない!」と思って始めました(笑)

望月:弓道のきっかけも漢字なんですか(笑)

あびさん:はい(笑)「夬(ゆがけ)」や「弭(ゆはず)」、「堋(あづち)」など、弓道を始めたことでしっかりと覚えられた漢字も多くあります!


動画撮影はスマホで!勉強動画の配信者としての責任も。

望月:YouTubeで配信している動画はご自身で作っているんですか?

あびさん:はい。スマートフォンを使って自分で撮影して、文字入れやカット割りも自分で編集しています。

望月:では、もともと動画の撮影や編集はお得意だったんですね!

あびさん:いえ!そんなことはないんです。

動画を撮るのも作るのも初めての経験で、最初のうちは慣れずにとても苦戦しました。今になって以前の動画を見返すと、話しているときのテンションが低くてびっくりします(笑)

望月:そうだったんですね!動画を作るときに意識していることはありますか?

あびさん:動画を作るときには、自分が初めて漢検1級にチャレンジした頃のことを思い出して、そのときに欲しかった情報を盛り込むように意識しています。

私自身、漢検1級の勉強を始めたときは参考書選びや辞書選びに困ったり、勉強法に迷ったりすることが多かったので、なるべく丁寧に解説するよう心掛けています!

望月:確かに、どの動画も分かりやすくまとめられていますよね!

あびさん:私の動画を参考に勉強をしてくれる方も多いので、動画の内容に誤りがないよう、公開前の細かいチェックも心掛けていることの1つです。


YouTubeでの情報発信も勉強の一部に!

望月:すごくこだわって動画を撮影したり、配信したりしているということで、YouTubeでの活動がご自身の漢字の勉強にもつながっているんじゃないですか?

あびさん:はい!動画の撮影や配信が自分の勉強にもつながっています。

よく、「勉強したことを人に教えることで自分の理解度も深まる」といいますが、YouTubeでの情報発信も同じだと思うんです。

例えば類義語をたくさん紹介している短い動画では、公開までの工程としてテーマを決め、それに合わせて類義語を集めて撮影し、編集、公開前の確認をしています。

その際に自分でも新しい言葉を知ったり、もともと知っている言葉も改めて調べることで記憶が定着したりと、今では動画撮影が私にとって大切な勉強法の1つです。



望月:発信もできて、勉強もできて、一石二鳥ですね!

あびさん:実際、動画で紹介した類義語が試験に出題されたこともあるんですよ!

望月:それはすごいですね!コロナ禍ではなかなか人と会ったり、一緒に勉強したりということが難しいと思うんです。

そんな中で、動画を通して誰かにアドバイスを伝えながら、なおかつご自身も成長できるというのは、YouTube配信の大きなメリットなのではないですか?

あびさん:そうですね!コロナ禍の今だからこそ、YouTubeや漢字を通じてたくさんの方とつながれたらと思います。

実はYouTuberとしての目標で「もっと漢字を身近に!」ということを掲げていて、詳しくはお話しできないのですが、実は今も漢字に関するさまざまな動画企画を考えているんです!
望月:新しい企画!?楽しみです!

では最後に、YouTuberとしての展望を教えてください!

あびさん:私の動画を通して、漢字が好きな方はもっと好きになってほしいですし、今は学校のテストや課題のためにしぶしぶ漢字の勉強をしているような方にも、漢字を身近に感じて、興味を持ってもらえるような動画づくりをしていきたいです!

そのために、これからも自分の漢字の知識を増やしながら、動画編集の技術ももっと学んでいけたらと思います。

みなさんぜひ、チャンネル登録をお願いしますー!(笑)

望月:お願いしますー(笑)



全4回の連載はこちらで最終回となります。
これまでの記事をご覧になりたい場合はこちらからどうぞ

人気記事ランキング

関連記事