日本の資格・検定

公式記事

日本語検定の攻略法とは?1級は難しい?漢検&日本語検定1級YouTuberに聞きました!

インタビュー #漢検&日本語検定1級YouTuberに聞きました! #勉強方法 #漢検 #日本語検定

日本語検定の攻略法とは?1級は難しい?漢検&日本語検定1級YouTuberに聞きました!
漢検&日本語検定1級YouTuberのあびさんと、元・芸人で編集部スタッフの望月遼馬の対談を連載するこの企画!第3回では日本語検定(語検)の勉強方法やその魅力について伺いました!
この企画の他の記事はこちら

お話を聞いたのはこの方

あび さん
現在20歳の大学3年生。高校1年生のときに漢検準1級合格、大学2年生のときに5度目の挑戦で漢検1級に初合格。その後も受検を続ける漢検1級リピーター。
日本語検定1級も合格し、2021年度第1回試験では日本語検定委員会賞と、2度目となる時事通信社賞を受賞。YouTubeで活躍するほか、漢字の同好会では講師なども担当。
Youtubeチャンネルはこちら

インタビュアーはこの人

望月遼馬
元・芸人で、25の資格を持つ「日本の資格・検定」編集部スタッフ。
上司のしか犬ぶちょーと共にさまざまな資格・検定にチャレンジしている。
「ノー勉強で漢検何級まで受かるか?」というブログ企画では漢検3級まで合格。準2級は勉強しても2度不合格という結果に…。


日本語検定とは?

日本語検定は、総合的な日本語力を測り、日本語を正しく使えるようになるための検定です。

漢字・表記・敬語・言葉の意味・語彙・文法の6つの領域から問題が出題されるほか、長文問題やグラフ・表を使った問題なども出題されます。

合格には総合得点と6つの領域別の得点の条件を共に満たす必要があり、得点率が50%に満たない領域がある場合には認定されません。※
※7級を除く

小・中・高校生をはじめ、就職活動を控えた大学生やビジネスパーソン、さらには生涯学習の一環としても幅広い層から支持を集める検定の1つといえるでしょう。

◆公式サイトはこちら



日本語検定1級の難易度は?

望月:日本語検定1級を取得されているそうですが、1級の難易度はいかがですか?

あびさん:1級はとにかく出題範囲が広いので、一朝一夕では得点が伸びず、とても難しいです。

その分、普段からどれくらい日本語を意識しているかが問われる試験だと思います!




日本語検定1級、気になる出題内容は?

望月:日本語検定1級ではどんな問題が出題されるのでしょうか?

あびさん:1級の問題では、普段使うことがないような言葉が多く出てきます。

例えば、手紙上のかしこまった書き方や、結婚式・お葬式といった冠婚葬祭の言い回しなど、人生経験で差が出るような問題もあります(笑)

望月:若い方だと冠婚葬祭の経験はなかなかないですよね。

あびさん:そうなんです。それと漢字も出題されますが、私としてはやはり漢検の勉強でカバーできない言い回しや冠婚葬祭での忌み言葉、そして敬語などの問題でとても苦戦しました。

日本語検定はどんなに得点が高くても、得点率が50%に満たない領域が1つでもあると不合格になってしまいます。※高校2年で日本語検定1級を初受検したときは敬語の分野のみ得点が足りずに不合格になってしまったこともありました。
※7級を除く

1級の問題の難しさももちろんですが、苦手分野があっても「他の得意な分野で点数をカバーしよう!」という戦略が使えない点も日本語検定の難しさだと思います。


漢検と日本語検定の共通点はこんなに!

望月:そもそも、漢検1級と日本語検定1級は共通点が多いんですか?

あびさん:はい。漢検と日本語検定は共通する学習範囲が広く、同時に勉強を進めると一石二鳥だと思います!

漢字に関して、日本語検定1級で出題されるのは漢検準1級~1級の基礎的な部分です。そのため、漢検1級の勉強をしたことがあれば、漢字の対策は後回しでも問題ないと思います。

「表記」や「語彙」、「言葉の意味」の分野も、漢検対策で学んだ内容で解ける問題が多いと感じました。
望月:それなら、漢検1級を受けている人は日本語検定1級も目指したほうが断然お得ですね!

あびさん:そうなんです!最近漢検1級リピーターの中でも日本語検定1級を受検する方が増えていて、もしかしたら日本語検定1級の合格率が少し上がってしまうかもと心配しています(笑)


「日本語検定委員会賞」や「時事通信社賞」って?

望月:あびさんが受賞した「日本語検定委員会賞」や「時事通信社賞」ってどんな賞なんですか?

あびさん:「日本語検定委員会賞」は1級に2回以上受かった合格者に与えられる賞です。

また、「時事通信社賞」は級ごとの年長・年少の合格者に与えられる賞で、私は19歳と20歳で、それぞれ1級に合格したときにこの賞を受賞しました!

望月:その若さですごいです!じゃあ私だともう「時事通信社賞」は取れませんね(笑)

あびさん:年長者も含まれるので、いつかは望月さんも受賞できるかもしれません…(笑)




日本語検定1級の勉強法&おススメテキストはコレ!

望月:日本語検定1級に向けて、どんなふうに勉強したんですか?

あびさん:日本語検定1級はとにかく出題範囲が広く、対策が難しい試験です。

私の場合は、漢検1級と同時期に日本語検定1級も受検したので、日本語検定に向けた勉強時間自体は多くなかったと思います。

望月:なるほど。おススメのテキストはありますか?

あびさん:ひと通り公式テキストや問題集を使ってきましたが、その中でも私のおススメは『日本語検定公式テキスト・例題集「日本語」上級』(東京書籍)と『日本語検定必勝単語帳 発展編』(東京書籍)です!

2冊とも日本語検定上位級の合格を目指す人向けに作られていて、掲載されている問題数・語彙数が豊富なので出題範囲の広い1級対策には必須だと思います!
あびさん:それに加えて、特に苦手な範囲はテキストを追加で購入したり、自分で調べてノートにまとめたりと、重点的に勉強しました。

例えば敬語対策に『日本語検定公式領域別問題集 改訂版 敬語』(東京書籍)のテキストを購入したり…
あびさん:誤用されがちな日本語や慣用句、コロケーション※なども、テキストや問題集、本、インターネットなどで新しいものを見つけたらまとめることを習慣化しました。
※コロケーション(連語)とは、複数の単語が1つのまとまりとして用いられる言語表現のこと。またよく使われる単語の組み合わせも指す。例としては、「勇気が湧く」「大きい数字」など。

望月:日本語検定1級への道のりも大変なんですね。

あびさん:はい。漢検・日本語検定1級合格者で有名な方は国語辞典の慣用句を全てまとめて覚えていたとおっしゃっていました!1級はそのくらい対策が難しいんです。


日本語検定2級・3級はテキストの対策でOK!

望月:ちなみに、私がこれから2級や3級を受検するなら、どんな対策をしたらいいですか?

あびさん:日本語検定2級・3級も過去に受検したことがあるのですが、こちらは公式テキストと問題集をしっかり読み込むことが重要だと感じました。

2級・3級のおススメのテキストは、1級の勉強法でも紹介した『日本語検定公式テキスト・例題集』シリーズです。

2級なら『日本語検定公式テキスト・例題集「日本語」上級』(東京書籍)、3級なら『日本語検定公式テキスト・例題集「日本語」中級』(東京書籍)を使用するのが良いでしょう。

望月:なるほど!2級や3級の例題を見ると、1級よりはチャレンジできそうな気がします!

あびさん:一度解いた時点で手ごたえがある部分は置いておいて、分からなかった問題や苦手な問題を何度も繰り返して解くのが合格への近道だと思います!

また、日常から日本語の使い方を意識して過ごすことも、合格を手繰りよせる方法の1つです。


日本語検定にチャレンジする方に一言!

望月:最後に、日本語検定にチャレンジする方に向けてメッセージをお願いします!

あびさん:日本語は奥が深くて、学べば学ぶほど楽しくなります!そして、学んだことを周囲の人との会話や読書など、毎日の生活ですぐに活かせることも日本語検定の魅力だと思います。

私のYouTubeチャンネルでも、日本語検定の勉強法を紹介しています!ぜひご覧ください。

望月:早速見てみます!



次回はYouTube配信の裏側についてお届け!ぜひお楽しみに!



この記事で紹介されているテキストはこちら

人気記事ランキング

関連記事