ビジネスメール実務検定試験

ビジネスメール実務検定試験は、日本で唯一のビジネスメールコミュニケーションに特化した検定です。メールの基本的なルールや知識だけでなく、場面に応じた書き方や言葉の使い分けを学ぶことができる上、対応スピードや効率の向上にも繋がります。ビジネスでメールを使うすべての方におススメの資格です。

基本情報INFORMATION

試験級
【1級】※未実施
【2級】
【3級】
実施日程
<2019年度3月回> 2019年3月16日(土)
<2019年度6月回> 2019年6月8日(土)
<2019年度9月回> 2019年9月7日(土)
<2019年度12月回> 2019年12月7日(土)
申込期間
<2019年度3月回> ~2019年3月3日(日)
<2019年度6月回> 2019年3月18日(月)~5月26日(日)
<2019年度9月回> 2019年6月10日(月)~8月25日(日)
<2019年度12月回> 2019年9月9日(月)~11月24日(日)
申込方法
WEB申し込み
受検料
【2級】12,960円(税込)
【3級】3,240円(税込)
支払方法
銀行振込
試験会場
東京、大阪
試験時間
【2級】3時間(筆記50分+実技110分、途中休憩あり)
【3級】60分(筆記のみ)
試験方法
3級の筆記試験は、選択式です。2級はそれに加え、一部記述式があります。
実技は、実際にメールを書いて送付します。
問題数
【2級】筆記64問、実技(メール作成) 12問
【3級】80問
難易度
【2級】合格率44.4%
<受験に必要なスキルの目安>
・スピード:1通12分(1時間換算で5通)で書ける
・知識の実践:一般的な常識(3級レベル)への理解があり実践できている
・仕事力:相手の理解を考え、先読みをする力、対応力がある
・状況判断力

【3級】合格率61.7%
※公式対策講座を受講した場合87.8%
出題範囲
詳しくはこちらをご覧ください。
【2級】http://businessmail.or.jp/examination/grade2
【3級】http://businessmail.or.jp/examination/grade3
合否基準
【2級】筆記と実技それぞれ正答率80%以上で合格
【3級】80問出題中68問以上正解で合格
結果発表
試験終了後、全受検者に一カ月以内に結果通知書が郵送されます。
合格者には、合格証書を同封されています。
資格の更新
更新はございません。
備考
級により持ち物が変わります。詳しくはこちらをご覧ください。
【2級】http://businessmail.or.jp/examination/grade2
【3級】http://businessmail.or.jp/examination/grade3

お問い合わせ先 一般社団法人 日本ビジネスメール協会(JBMA)
URL: http://businessmail.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年2月20日 更新