コンタクトセンター検定試験

コンタクトセンター検定試験では、コンタクトセンターにおける顧客対応力を測ります。実務で役立つ内容となっているので、コールセンター業界の方はもちろん、企業等で電話応対を担当している方のスキルアップとしても活用できる検定でしょう。

試験級
<プロフェッショナル資格>
【オペレーションマネジメント(OMP)】
【コンタクトセンターアーキテクチャ(CAP)】

<オペレーション資格>
【スーパーバイザー(SV)】
【オペレーター(OP)】
【エントリー(EN)】
実施日程
<プロフェッショナル資格> 年1回
<オペレーション資格> 随時
受験料
<プロフェッショナル資格>
【オペレーションマネジメント(OMP)】15,000 円
【コンタクトセンターアーキテクチャ(CAP)】15,000 円

<オペレーション資格>
【スーパーバイザー(SV)】8,000 円
【オペレーター(OP)】7,000 円
【エントリー(EN)】3,500 円 (各税抜)
試験会場
<プロフェッショナル資格>
協会指定の試験会場
(札幌、東京、大阪、福岡 ※2015年度)

<オペレーション資格>
全国の(株)オデッセイコミュニケーションズの試験会場
試験時間
<プロフェッショナル資格>
【オペレーションマネジメント(OMP)】
 選択問題:午前120分 記述問題:午後120分
【コンタクトセンターアーキテクチャ(CAP)】
 選択問題:午前120分 記述問題:午後120分

<オペレーション資格>
【スーパーバイザー(SV)】90分
【オペレーター(OP)】90分
【エントリー(EN)】50分
試験方法
<プロフェッショナル資格> 筆記試験
<オペレーション資格> コンピュータ試験
問題数
<プロフェッショナル資格>
【オペレーションマネジメント(OMP)】
 選択問題:80問 記述問題:7問
【コンタクトセンターアーキテクチャ(CAP)】
 選択問題:80問 記述問題:7問

<オペレーション資格>
【スーパーバイザー(SV)】80問
【オペレーター(OP)】80問
【エントリー(EN)】50問
合否基準
試験の評価は、素点(正答数の単純合計)ではなく、項目応答理論を用いた能力値を算出し、能力値を評価得点(スコア 200 から 800 の値をとる)のスコア 500 以上を合格としています。
結果発表
<プロフェッショナル資格>
試験日から約6週間後に、合否結果が記載された試験結果レポートが受験者に郵送されます。

<オペレーション資格>
試験終了後、すぐに確認できます。

お問い合わせ先 一般社団法人 日本コンタクトセンター教育検定協会
URL: http://www.conken.org/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。