浄化槽設備士

浄化槽設備士は、浄化槽の工事等において、施工図の作成や施工の管理・監督を行うために必要な国家資格です。浄化槽工事業者は、営業所ごとに浄化槽設備士を配置しなければならないため、建築業者や工務店、浄化槽設備会社などへの就職に有利な資格といえます。

実施日程
【試験】7月
【講習】開講地によって異なります。
申込期間
【試験】4月上旬~5月下旬
【講習】開講日の約1ヵ月半前~1ヵ月前
受験料
【試験】 22,500円
【講習】 86,700円 (教科目一部免除希望者: 81,700円)
受験資格
【浄化槽設備士試験】次のいずれかに該当する者
①学歴によって定められた実務経験年数をもつ者
②1級または2級管工事施工管理技術検定に合格した者
③職業能力開発促進法による技能検定の1級または2級配管 (建築配管作業) に合格した者

【浄化槽設備士講習】
 1級または2級管工事施工管理技士の資格をもつ者
試験会場
【試験】 宮城、東京、愛知、大阪、福岡
【講習】 全国主要都市
出題範囲
【浄化槽設備士講習】
①浄化槽概論 
②法規 
③浄化槽の構造および機能 
④浄化槽施工管理法 
⑤浄化槽の保守点検および清掃概論 

お問い合わせ先 公益財団法人 日本環境整備教育センター
URL: http://www.jeces.or.jp

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月27日 更新