JSDAストリートダンス検定

JSDAストリートダンス検定では、ダンスの技能を7段階で評価します。上位のダンスライセンスを取得することで、オーディションの優先通過等のメリットも受けられます。また、2012年度よりダンスの義務教育がスタートしている背景から、注目されている検定の一つです。

試験級
【HIPHOP】【JAZZ】
オープン
プレ・エレメンタリー
エレメンタリー
プレ・インターミディエイト
インターミディエイト
アドバンス
受験料
JSDA本会員/JSDA準会員 5,000円 (税抜)
一般 7,500円 (税抜)
支払方法
・コンビニ決済
・郵便局ATM
・クレジットカード決済

※ストリートダンス検定の申込みとJSDA会員の会員登録は別になりますので、お気をつけ下さい。
受験資格
【HIPHOP】【JAZZ】
オープン            小学生1年以上
プレ・エレメンタリー      小学生1年以上
エレメンタリー         小学生3年以上
プレ・インターミディエイト   小学生5年以上
インターミディエイト      中学生以上
アドバンス           16歳以上
試験会場
エイベックス・アーティストアカデミー各校/その他
※申込者数によって、別途会場が設けられる可能性があります。
試験方法
実技審査
筆記審査(アドバンスのみ)
難易度
《オープン》
音を聴きカウントを取りながら腕、胸、膝を使ったアップ・ダウン(その場の動き)のリズムがとれるレベル

《プレ・エレメンタリー》
ステップの半数程度をマスターし、与えられた振付を踊ることができるレベル

《エレメンタリー》
ステップ全般をマスターし、与えられた振付を踊ることができるレベル

《プレ・インターミディエイト》
リズムバリエーション、ムーヴの半数程度をマスターし、与えられた振付を踊ることができるレベル

《インターミディエイト》
リズムバリエーション、ムーヴをマスターし、与えられた振付を踊ることができるレベル

《アドバンス》
確かな技術をベースに応用力を兼ね備え最大限に表現できるレベル
出題範囲
詳細はこちらをご確認ください。
http://jsda.info/exams/
合否基準
採点結果を総合してグレード判定を行います。

お問い合わせ先 日本ストリートダンス協会
URL: http://jsda.info/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年4月4日 更新