情報処理技術者能力認定試験

情報処理技術者能力認定試験では、コンピュータエンジニアリングとシステム開発の知識を有し、アルゴリズム構築とプログラミングができる情報処理技術者を認定します。試験では情報処理技術者に必要なコンピュータ知識やプログラム設計、C、Javaなどの言語に関する知識などが問われます。

基本情報INFORMATION

試験級
【1級】
【2級】※科目合格制度あり
【3級】
実施日程
【1級】 9月 1月
【2・3級】 6月 9月 1月

<2019年度>
6月回:2019年6月16日(日)
※2・3級のみ実施

9月回:2019年9月8日(日)
※1・2・3級の実施

1月回:2020年1月26日(日)
※1・2・3級の実施
受験料
【1級】6,500円
【2級】5,800円(第1部、第2部 各2,900円)
【3級】5,100円(各税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
試験時間
【1・2級】〔第1部〕 90分 〔第2部〕 90分
【3級】75分
試験方法
筆記試験 (多肢選択解答形式・マークシート形式)
問題数
【1・2級】〔第1部〕小設問50問〔第2部〕必須・選択問題計5問
【3級】小設問50問
難易度
《認定基準》
【1級】
コンピュータの知識及びシステム開発の基礎知識を有し、プログラム設計とともに、プログラムの作成ができる中級程度の情報処理技術を有する。

【2級】
コンピュータの知識及びシステム開発の基礎知識を有し、プログラム設計とともに、プログラムの作成ができる初級程度の情報処理技術を有する。

【3級】
大学、短期大学、専門学校、高校、企業等で専門学習を行った者で、コンピュータの基礎知識を有する。
合否基準
【1・2級】得点率が第1部60%以上、第2部60%以上とする
【3級】得点率が60%以上とする
備考
i コンピテンシ ディクショナリ(iCD)連携情報登録資格
特定非営利活動法人 実務能力認定機構(ACPA)認定資格【1・2級】

お問い合わせ先 株式会社サーティファイ 認定試験事務局
URL: http://www.sikaku.gr.jp/js/jss/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年2月1日 更新