日商プログラミング検定試験

日商プログラミング検定試験では、プログラミングに関する基本知識・スキルを体系的に習得することができます。今後ますます需要が高まる分野なので、さらなる注目が集まるでしょう。初学者でも段階的に学べるので、プログラミングに興味のある方は最初の一歩の資格としてもおススメです。

基本情報INFORMATION

試験級
【EXPERT】※2019年10月より実施
【STANDARD】※2019年4月より実施
【BASIC】※2019年4月より実施
【ENTRY】
実施日程
随時 (試験会場が日時を決定)
受験料
【EXPERT】6,000円
【STANDARD】5,000円
【BASIC】4,000円
【ENTRY】3,000円
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
各地の商工会議所および各地の商工会議所が認定した試験会場(自宅での受験は不可)
試験時間
【EXPERT】未定
【STANDARD】60分
【BASIC】40分
【ENTRY】30分
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
出題範囲
【EXPERT】
仕様書をもとにソフトウェアの一部が作成できるなど、IT技術者としての基本的能力を言語別に問う
(言語:C言語、Java、VBA)

【STANDARD】
企業においてIT化を先導できる、プログラミングに関する基本知識・スキルを言語別に問う
(言語:C言語、Java、VBA)

【BASIC】
企業人の素養として求められる、プログラミングの基本知識、簡単なアルゴリズムについて問う
(言語によらない)

【ENTRY】
初学者向けに、ビジュアル言語を用いた簡単なプログラミングおよびプログラミング的思考を問う
(言語:Scratch)
合否基準
【EXPERT・STANDARD】知識試験:70点以上、実技試験:全問正答
【BASIC・ENTRY】知識試験:70点以上

お問い合わせ先 日本商工会議所および各地の商工会議所
URL: https://www.kentei.ne.jp/pg

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年1月21日 更新