フォトマスター

フォトマスター検定は、実用的なカメラの撮影スキルや知識を問う試験です。写真について楽しく学べるとこに加え、レベルに合わせて写真のスキルアップが期待できるので、写真が趣味という人はもちろん、プロのカメラマンを目指す人にもおすすめの検定です。

試験級
【EX】
【1級】
【準1級】
【2級】
【3級】
実施日程
【EX】
随時

【1~3級】
年1、2回

2018年度
2018年11月18日(日)

申込期間
【EX】
2月、4月、8月、10月の末日
※各回の締切りまでに、必要提出書類一式・写真作品・受験者登録票の到着、ならびに検定料の送金が確認できたものについてが、その回の判定対象となります。これを過ぎたものについては、次回締切りの判定対象分に含めます。

【1~3級】
2018年度
2018年9月25日(火)まで
受験料
【EX】
1ジャンル受験:8,000円
3ジャンル受験:10,000円

【1級】 7,100円
【準1級】 6,300円
【2級】 5,200円
【3級】 4,000円(各税込)
支払方法
◇郵送での申込の方
・払込取扱票 (郵便振替用紙)

◇web申込の方
・クレジット決済
・コンビニ決済
・Pay-easy (ペイジー) 決済
(ご利用になれる金融機関お支払方法をご確認ください。)
受験資格
どなたでも受験できます

※【EX】は1級合格者のみ受験可能
試験会場
一般会場: 全国主要都市
準会場: 団体受験を行う団体が自ら設け、検定事務局が認可

実施会場の詳細はこちらをご確認ください。
URL:http://www.pm-kentei.com/guidance/points.html
試験時間
【1~3級】80分
試験方法
【1~3級】
マークシート形式

【EX】
写真活動経歴+作品提出+小論文(作文)
問題数
【1級】80問
【準1級】 70問
【2・3級】60問
出題範囲
【EX】
※詳細はフォトマスター検定事務局にお問合せください

【1~3級】
撮影方法、撮影技法、カメラのメカニズム、レンズ等の光学問題、露出の決定方法、撮影周辺機器・機材、ライティング、被写体に関する知識、関連法規、マナー、写真史、写真家、プリンターに関連問題、デジタルカメラ関連問題、フォトレタッチ関連問題、フィルムカメラ関連問題など、写真とカメラにまつわる役立つ実用知識。
合否基準
【1~3級】
各階級とも7割程度の正答率を合格基準としています。
結果発表
検定試験実施の約1ヵ月後に結果通知を郵送

お問い合わせ先 公益財団法人 国際文化カレッジ
フォトマスター検定事務局
URL:http://www.pm-kentei.com/index.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月23日 更新