セールスレップ資格認定制度

セールスレップ資格認定制度では、メーカー企業と販売先を結ぶ橋渡し役として、販売業務に関する高度な応用能力を備えた「営業のコーディネータ」を認定します。資格取得を通じて、営業に関する専門知識やマーケティング・商品開発戦略等の知識も身につきます。営業のスキルアップにおススメです。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
※認定試験での資格取得と研修(講習受講+小試験)での資格取得を選択できます。
実施日程
<認定試験>
毎年2回 (上期: 6月、下期: 11月)
2018年度下期
2018年11月4日(日)

<研修>
級により異なります
申込期間
<認定試験>
2018年度下期
2018年10月8日(月)まで
受験料
<認定試験>
【1級】10,800円
【2級】10,800円
【3級】8,640円

<研修>
【1級】36,720円
【2級】36,720円
【3級】21,600円
支払方法
協会指定の口座に振込み
受験資格
【1級】①セールスレップ2級取得者 ②販路コーディネータ1級取得者
【2級】セールスレップ3級取得者
【3級】どなたでも受験できます
試験方法
筆記試験 (1級はレポート審査も含む)
出題範囲
【1級】
①製品取り扱いの実践
  製品評価とメーカー評価、メーカーへの市場情報のフィードバックの実践について
②高度な営業活動
  営業のマーケティング機能、ポートフォリオと計画のシミュレーション、契約などについて
③生産財マーケティング
  生産財マーケティングの特質、生産財の市場分析と営業について
④プレゼンテーションの実践
  販売先へのプレゼンテーションとメーカーへのプレゼンテーション (提案書) について
⑤関連法規のポイント
  個人情報保護法、販売及び販売促進に係わる関連法規、安全・安心に係わる関連法規のポイントについて
⑥生産と品質に関する基礎知識
  生産や品質管理に関する基礎知識、環境問題と企業について
⑦マネジメントの応用
  財務分析の基礎、商品に関する計数の基礎知識について

【2級】
①製品取り扱いの応用
  製品の評価のポイント、製品と商品、商材の違いについて
②マーケティングの応用知識
  市場の理解と顧客の理解、メーカー分析について
③実践営業と営業の応用知識
  営業戦略、ランチェスター戦略の基本、コミュニケーションの技術とプレゼンテーション、営業報告書などについて
④マネジメントの基礎
  経営と企業戦略、経営環境分析、企業戦略、経営計画の策定、ISOなどの基礎について
⑤知的財産権概説
  産業財産権、著作権法、市場対応と知的財産権、CSRの基礎について
⑥セールスレップと契約
  契約の基礎知識とポイントについて
⑦情報システムとWEBの活用
  情報システムとWEBの活用の基礎、IT経営などについて

【3級】
①セールスレップの基礎
  セールスレップの基本的な仕組みと役割について
②マーケティングの基礎
  営業のプロとして必要なマーケティングの基礎知識について
③販売活動の基本業務
  販売活動の目標と実践についての基本と、プレゼンテーションとコンサルティングの基礎について
④営業の基礎
  営業の実践における営業技術の基礎と、人脈形成と活用のためのインベントリーシステムの基礎知識について ほか
学習の手引き
公式テキストの他、事例問題集、用語集、セールスレップ資格認定研修を録画収録したDVD講座があります。
合否基準
<認定試験>
【1・2級】全科目の合計点が60%以上かつ40%未満の科目がないこと
【3級】全科目の合計点が60%以上

お問い合わせ先 日本セールスレップ協会
URL: http://www.jrep.jp/shiken/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月20日 更新