消防設備点検資格者

消防設備点検資格者は、スプリンクラーや消火栓といった消防設備の点検および維持・管理を行う技術者です。点検できる消防用設備の種類に応じて3種類に資格が分かれており、消防庁長官の登録機関にて講習を受け修了考査に合格することで、この資格を取得することができます。

試験級
【第1種】
【第2種】
【特種】
受験料
【第1種・第2種・特種】
各31,800円(税込)
(講習科目の免除時間数により29,800円となる。払込手数料は受講者負担)
受験資格
①甲種・乙種の消防設備士
②第1種・第2種の電気工事士
③1級・2級の管工事施工管理技士
④水道布設工事監督者の資格を有する者
⑤1級・2級の建築士
⑥第1種・第2種・第3種の電気主任技術者 ほか
試験会場
各都道府県庁所在地
試験時間
3日間実施
試験方法
講習+修了考査
資格の更新
免状の交付を受けた日以後、最初の4月1日から5年以内ごとに再講習を受講する必要があります。

お問い合わせ先 一般財団法人 日本消防設備安全センター業務部
URL: http://www.fesc.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年3月9日 更新