太陽光発電アドバイザー

太陽光発電アドバイザーは、主に一般住宅用太陽光発電システムの導入に際して、消費者に対して適切な助言を行い、安心して太陽光発電システムを導入できるよう、また、導入後のトラブルを円滑に解決できるよう、これを支援します。太陽光発電システムは、購入・設置・運用の各段階において、経済的・技術的な問題から、法律・行政上の問題など様々な要素が複雑に絡んでいます。試験では、これらの知識について出題されます。

実施日程
<2017年度>
第11回:2017年11月5日(日)
申込期間
<2017年度>
第11回:2017年10月6日(金)消印有効
申込方法
特定非営利活動法人日本住宅性能検査協会のHPより受験願書をご請求ください。
http://www.nichijuken.org/
受験料
8,800円(税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
全国5会場(札幌・仙台・東京・大阪・福岡)予定
試験時間
2時間
試験方法
マークシート方式
問題数
50問
学習の手引き
試験対策講座DVDを資格試験予備校のLEC東京リーガルマインドで販売しています。
http://www.lec-jp.com/group/
結果発表
郵送にて通知
資格の更新
5年ごとに更新が必要です。
備考
● 2017年3月に太陽光発電アドバイザーが法務大臣認証ADR調停人の基礎資格となりました。
●「太陽光発電アドバイザー」の上位資格として、「再生可能エネルギーアドバイザー」(再エネアドバイザー)の資格認定制度を設けています。固定価格買取制度の開始後、地元企業や自治体主導により地域ぐるみで再生可能エネルギーの導入を推進し、事業収益等の地域への還元へ結び付けている取組や、地域コミュニティ単位での再生可能エネルギー導入が進められています。これら取組の推進支援を「再生可能エネルギーアドバイザー」の活動理念としています。

お問い合わせ先 特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会
URL: http://www.nichijuken.org/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年3月13日 更新