財務報告実務検定

財務報告実務検定は、上場企業に課されているディスクロージャーの責務を果たすために必要な人材を育成するための検定試験です。試験では、財務報告書類を作成・開示するために必要な作成要領やデータの関連性の知識等を、広範囲かつ体系的に理解していることが求められます。

基本情報INFORMATION

試験級
財務報告実務検定試験【連結実務演習編】
財務報告実務検定試験【開示様式理解編】
実施日程
随時
申込期間
随時お申し込みいただけます。
申込方法
インターネット申し込み
受検料
【連結実務演習編・開示様式理解編共通】
・受験料:12,000円 (税抜)
・財務報告実務検定会員:10,000円 (税抜)
支払方法
以下3通りから選択できます。
・クレジットカード決済
・コンビニエンスストア決済
・Pay-easy (ペイジー)決済
受検資格
どなたでも受験できます。
ただし、簿記3級以上の知識を有していることが望ましいです。
試験会場
全国のCBTS認定試験会場にて受験可能
http://cbt-s.com/examinee/testcenter/?type=cbt
試験時間
【連結実務演習編】90分
【開示様式理解編】120分
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
※選択式試験+計算問題
出題範囲
【連結実務演習編】
①連結決算
②連結開示
③XBRL

【開示様式理解編】
①財務報告概論
②各論(金商法)
③各論(適時開示)
④各論(会社法)
合否基準
【連結実務演習編】
100点満点中70点以上

【開示様式理解編】
下記サイトで各スコア・レンジ別の到達点をご確認ください
http://www.zaimuhoukoku.jp/about/level.html
結果発表
試験終了後、すぐに確認できます。

お問い合わせ先 財務報告実務検定事務局 (日本IPO実務検定協会内)
URL: http://www.zaimuhoukoku.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年7月12日 更新