日本の資格・検定

資格・検定

高圧ガス販売主任者

高圧ガス販売主任者とは、高圧ガスの販売業務に携わる際に必要となる国家資格です。家庭などに供給するLPガスのみを取り扱うことが出来る第二種と、一般に広い範囲で高圧ガスを取り扱うことが出来る第一種に区分されます。この資格を取得していると、ガス関連会社への就職やスキルアップに有利となるでしょう。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【第一種】
【第二種】
実施日程
11月中旬

<2021年度>
2021年11月14日(日)
申込期間
8月下旬~9月上旬

<2021年度>
〔電子申請〕2021年8月23日(月)~9月8日(水)
〔書面申請〕2021年9月6日(月)まで(当日消印有効)
申込URL
https://www.khk.or.jp/
申込方法
電子申請・書面申請
受験料
【第一種】7,400円
【第二種】5,700円(非課税扱い)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
47都道府県
試験時間
〔法令〕60分
〔保安管理技術〕90分
試験方法
筆記試験(択一式)
問題数
〔法令〕20問
〔保安管理技術〕20問
出題範囲
【第一種】 
〔法令〕高圧ガス保安法および液化石油ガス法に係る法令
〔保安管理技術〕高圧ガスの販売に必要な通常の保安管理の技術

【第二種】
〔法令〕高圧ガス保安法および液化石油ガス法に係る法令
〔保安管理技術〕液化石油ガスの販売に必要な通常の保安管理技術
合否基準
各科目とも満点の60%程度

お問い合わせ先

高圧ガス保安協会
URL: https://www.khk.or.jp/

※2021年4月1日から消費税を含めた総額表示の義務化に伴い、受験料・受講料等の表記に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年8月3日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。

フリーワード検索

ジャンル

ジャンル一覧を開く

特徴