日本の資格・検定

資格・検定

ダンス療育指導士

ダンス療育指導士は、発達障がいなどをもつお子様を対象に、ダンスを通じてコミュニケーション能力や認知能力を育み、社会的自立に向けて支援・サポートする資格です。福祉関係や幼稚園、保育園、キッズダンススクールなどさまざまな場面での活躍が期待できます。JDACでは、その他にも【スポーツ庁・厚生労働省後援】のもと、ダンスの指導技術が学べる研修会を実施しています。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

実施日程
2021年11月28日(日)
※その他、年数回実施
申込期間
2021年11月14日(日)まで
申込方法
HPよりお申込みください
https://www.jdac.jp/form/event
受験料
受験料:5,500円
認定料:24,200円 ※合格時のみ
支払方法
クレジット決済または銀行振込
受験資格
(1)、(2)のいずれも満たす者
(1) ダンス指導研修会Ⅰ・Ⅱを受講完了した者
※「ダンス指導研修会Ⅰ・Ⅱ」とは、ダンス指導の基礎が学べる研修会です。
・全国各地での開催。オンラインコースもあります。
・16歳以上であればどなたでも受講可能です。
・受講料27,830円が必要です。(I・Ⅱセット価格、その他学割あり)
詳細はこちらをご覧ください。
https://www.jdac.jp/system

(2)ダンス療育指導士養成講座BasicI~Ⅲを受講完了した者
※「ダンス療育指導士養成講座BasicI~Ⅲ」とは、ダンス療育に関する専門知識を学ぶことのできる講座です。
・全国各地での開催。オンラインコースもあります。
・受講料62,480円が必要です。(Ⅰ~Ⅲセット価格)
詳細はこちらをご覧ください。
https://www.jdac.jp/system/therapist
試験会場
オンライン開催
全国どこからでも受験可能
試験時間
筆記試験:50分
実技・面接試験:20分程度
試験方法
筆記試験及び実技・面接試験
難易度
合格率は約70%
出題範囲
下記ページをご確認ください。
https://www.jdac.jp/system/therapist
学習の手引き
・ダンス指導研修会Ⅰ・Ⅱで配布した資料
・ダンス療育指導士養成講座BasicⅠ~Ⅲで配布した資料
・対策講座
合否基準
次の要件をいずれも満たした者が合格
・筆記試験(2種)がそれぞれ100点中50点以上であり、かつ2種の合計得点が200点中120点以上である者
・実技・面接試験の得点が、100点中60点以上である者
結果発表
試験後、1か月前後で郵送にて合否発表を実施
資格の更新
3年更新制
更新料:15,400円 ※オンラインでの更新講習料金を含む
備考
一般社団法人ダンス教育振興連盟JDACは、スポーツ庁・厚生労働省後援のもと、全国各地で 延べ3万人が受講しているダンス指導研修会を主催している連盟です。文部科学省の学習指導要領に基づいた研修内容で、ダンス講師・インストラクターを養成し、指導者のレベルに応じた資格を発行しています。他にも「ダンスで社会貢献 」を果たすべく、学校や自治体への講師派遣など、様々な事業を行なっています。

お問い合わせ先

一般社団法人ダンス教育振興連盟JDAC
URL: https://www.jdac.jp/

※2021年4月1日から消費税を含めた総額表示の義務化に伴い、受験料・受講料等の表記に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年9月24日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。

フリーワード検索

ジャンル

ジャンル一覧を開く

特徴