日本の資格・検定

資格・検定

企業経営アドバイザー

この検定試験では、企業経営アドバイザーとして備えておくべき知識、つまり企業経営に関する様々な知識や事業性評価に関する専門知識を身につけていることを証明する試験です。筆記試験合格と講習を修了することで取得することができます。営業担当で取引先の経営者と対話する機会が多い方や企業経営の専門的知識を身につけたい方におススメです。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

実施日程
年2回(3月、10月)
<2021年10月以降>
企業経営アドバイザー検定(知識科目):2021年10月1日(金)より随時
企業経営アドバイザー検定(実践科目):2021年10月16日(土)~10月31日(日)
※詳細は公式ホームページをご確認ください
申込URL
https://www.kigyou-keiei.jp/index.html
申込方法
インターネット申込
受験料
8,800円(各税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
<2021年10月以降>
全国47都道府県に所在するテストセンター
試験時間
〔知識科目〕120分
〔実践科目〕90分
試験方法
CBT方式
問題数
〔知識科目〕4肢択一式問題
〔実践科目〕4肢択一式問題、記述問題
出題範囲
〔知識科目〕企業財務、企業法務、企業経営・企業支援、生産管理に関する知識
〔実践科目〕事業性評価に関する知識
学習の手引き
認定教育機関であるTAC株式会社にて、
「企業経営アドバイザー」対策講座を実施
合否基準
60点以上
※科目合格
知識科目と実践科目のいずれかのみ合格の場合、一部科目に合格した月の翌年同月末日までにもう1科目に合格する必要があります。
結果発表
知識科目の試験結果は、試験終了後にその場で確認できます。
実践科目の試験結果は、後日、マイページで確認できます。
資格の更新
有効期限はありません。
また、現在のところ、継続教育の義務もありません。
備考
《企業経営アドバイザー認定要件》
「企業経営アドバイザー」として認定を受けるためには、筆記試験の「知識科目」と「実践科目」の2科目に合格することと、実技講習の「対話力向上講習」(TAC(株)にて開催)を修了することが必要です。

※旧名称:金融人材・企業経営アドバイザー
 「金融人材・企業経営アドバイザー」は、2019年4月1日より、「企業経営アドバイザー」に名称変更となりました。。

お問い合わせ先

一般社団法人 日本金融人材育成協会
URL: https://www.kigyou-keiei.jp/index.html

※2021年4月1日から消費税を含めた総額表示の義務化に伴い、受験料・受講料等の表記に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年3月15日更新


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。

フリーワード検索

ジャンル

ジャンル一覧を開く

特徴