アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験

アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験

IT・コンピュータ

アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験では、アジャイル開発の基本的なスキルを客観的に分析・測定します。近年ユーザーの要件を確実に、高品質に、より短期間で提供することが求められている背景から、有資格者は活躍が期待されるでしょう。

試験級
【レベル1】
【レベル2】
※レベル2の試験は2018年度下期にリリースされます。
申込方法
インターネット申込み
受検料
10,800円(税込)
受検資格
どなたでも受験できます。
※NDA(守秘義務契約)の締結が必要です(申込み時)
試験会場
全国の試験会場
試験時間
60分
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
問題数
60問
出題範囲
①アジャイル開発に対する基礎知識
②開発チームの運営
③アジャイル開発プロジェクト管理
④アジャイル開発の技能
合否基準
80%以上の正解
結果発表
試験終了後、すぐに確認できます。
備考
【再受験について(リテイクポリシー)】
一定期間の後、再受験することができます。
同一試験を受験する際、2 回目の受験については、受験日の翌日から起算して30 日目以降(土日含む)より可能となります。
3 回目以降の受験については、最後の受験日の翌日から起算して 60 日目以降より可能となります。

お問い合わせ先 アジャイル検定運営事務局(株式会社サートプロ内)
URL: http://agilecert.org/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月11日 更新