ボイラー溶接士 (普通/特別)

ボイラー溶接士は、溶接によって作られたボイラーや、第1種圧力容器の製造や改造、修理などを行うことができる国家資格です。普通ボイラー溶接士と特別ボイラー溶接士に分かれており、前者は溶接部の厚さが25ミリ以下に制限されています。

試験級
【普通ボイラー溶接士】
【特別ボイラー溶接士】
実施日程
年2回(9月 2月)
申込期間
各試験センターへの郵送: 試験日の2カ月前~14日前
窓口持参: 試験日の2カ月前~2日前
受験料
【普通ボイラー溶接士】〔学科〕6,800円 〔実技〕18,900円
【特別ボイラー溶接士】〔学科〕6,800円 〔実技〕21,800円
受験資格
【普通ボイラー溶接士】
1年以上溶接作業の経験がある者(ガス溶接・自動溶接を除く)

【特別ボイラー溶接士】
普通ボイラー溶接士免許を受けた後、1年以上ボイラー又は第一種圧力容器の溶接作業の経験がある者(ガス溶接、自動溶接を除く)
試験会場
北海道 (恵庭)、東北 (岩沼)、関東 (市原)、中部 (東海)、近畿 (加古川)、中国四国 (福山)、九州 (久留米) の各安全衛生技術センター
試験時間
〔学科〕2時間30分〔実技〕1時間
試験方法
筆記試験+実技試験
出題範囲
〔学科〕
①ボイラーの構造およびボイラー用材料に関する知識
②ボイラーの工作および修繕方法に関する知識
③溶接施行方法の概要に関する知識
④溶接棒および溶接部の性質の概要に関する知識
⑤溶接部の検査方法の概要に関する知識
⑥溶接機器の取扱方法に関する知識
⑦溶接作業の安全に関する知識
⑧関係法令

〔実技〕
【普通ボイラー溶接士】
 下向き・立向き突合わせ溶接

【特別ボイラー溶接士】
 横向き突合わせ溶接

お問い合わせ先 公益財団法人 安全衛生技術試験協会
URL: http://www.exam.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年3月9日 更新