ホテル実務技能認定試験

ホテル実務技能認定試験では、ホテル業界で必要とされる実践力を認定します。基本的な知識からホテルマネジメントに関する分野まで学習することができるので、ホテル運営会社の社員研修や大学・専門学校等の教育機関でも活用されています。

基本情報INFORMATION

試験級
【上級】
【初級】
※各級とも、〔料飲科目〕〔宿泊科目〕を個別に受験することも可能。
実施日程
<2019年度団体受験>
2020年1月12日(日)~2020年2月2日(日)
※団体単位でのみ受験可能。
※上記期間内で1回、受験団体にて自由に設定可能。
受検料
【上級】7,028円
・上級料飲科目:4,176円
・上級宿泊科目:4,176円
【初級】6,417円
・初級料飲科目:3,769円
・初級宿泊科目:3,769円(各税込)
試験時間
【上級】90分 (科目別受験は50分)
【初級】60分 (科目別受験は35分)
試験方法
多肢選択式
※電卓(四則計算程度のレベル)の持込可
問題数
【上級】小設問90問程度
〔料飲・宿泊科目〕小設問50問程度
【初級】小設問70問程度
〔料飲・宿泊科目〕小設問40問程度
※一部大問形式あり
出題範囲
ホテルスタッフに必要な知識を級別の出題範囲に従って出題
合否基準
各級60%以上の得点率

お問い合わせ先 株式会社サーティファイ 認定試験事務局
URL: http://www.sikaku.gr.jp/th/index.html

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年11月13日 更新