認定ファシリティマネジャー

認定ファシリティマネジャー(CFMJ)は、企業や団体が保有するあらゆる施設や環境(ファシリティ)の最適なあり方、マネジメントに必要な専門知識・能力を有した専門家です。ファシリティマネジメントのスキルは、職場環境を改善し、生産性アップを狙うさまざまな業界や業種で求められています。

申込方法
インターネットでのお申込み
受験料
受験手数料:21,600円(税込)
支払方法
郵送された郵便払込用紙にて振り込む(払込手数料はJFMAが負担)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、金沢、広島、高松、福岡(9会場)
試験時間
・FM概論(60分、18問程度)
・FM業務(90分、24問程度)
・FM知識(60分、18問程度)
・論述(90分、800文字)
試験方法
学科試験3教科(マークシート方式)+論述試験
難易度
「学科試験」(合計600点満点)と「論述試験」(300点満点)の合計得点(900点満点)によって最終合格者が決定されます。
出題範囲
<必須教科書>
「公式ガイド ファシリティマネジメント」より出題されます。
http://www.jfma.or.jp/books/index.html
合否基準
ファシリティマネジャーとしての基本的素養を確認するため、 FMに関連する知識、業務、技術および論述の試験が行われます。
結果発表
合格者には、本人に合格証を送付することによりお知らせします。
また、不合格者にも、その旨の通知書が送付されます。
資格の更新
資格更新登録は5年ごとに必要になります。

お問い合わせ先 公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)
(FM資格制度協議会事務局)
URL: http://www.jfma.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月8日 更新