金融窓口サービス技能士

金融窓口サービス技能士は、金融機関における窓口業務等に必要な能力が身についているを認定する国家資格です。この資格を取得することで、金融商品や年金・税金・為替などの知識を体系的に得られるため、金融業界に従事している人は取得しておきたい資格の一つといえるでしょう。

基本情報INFORMATION

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
【1級】年1回(9月)
【2・3級】年2回(5月、1月)

<2020年度>
【1級】
2020年9月13日(日)

【2・3級】
5月回:2020年5月24日(日)
1月回:2021年1月24日(日)
申込期間
【1級】 7月上旬~下旬
【2・3級】 3月上旬~下旬、11月上旬~下旬

受検申請受付期間
<2020年度>
【1級】
2020年7月6日(月)~7月28日(火)

【2・3級】
〔学科・実技〕
5月回:2020年3月12日(木)~4月2日(木)
1月回:2021年11月10日(火)~12月1日(火)
受検料
【1級】
〔学科〕8,500円 〔実技〕15,000円

【2級】
〔学科〕6,500円 〔実技〕7,000円

【3級】
〔学科〕3,800円 〔実技〕4,000円(各非課税)
受検資格
【1級】
①金融機関での実務経験4年以上の方
②2級技能検定合格者
③厚生労働省認定テラー技能審査2級合格者

【2級】
①金融機関での実務経験2年以上の方
②3級技能検定合格者
③厚生労働省認定テラー技能審査2級合格者

【3級】
金融機関に勤務している方、または勤務しようとする方
試験会場
全国主要都市
試験方法
筆記試験(マークシート方式)
※1級実技のみ記述式筆記試験
問題数
【1級】
〔学科〕語群選択式(四肢)25問、四答択一式25問、計50問
〔実技〕事例問題4題程度。1題につき小問は3~4問程度

【2級】
〔学科〕語群選択式(四肢)20問、三答択一式20問、計40問
〔実技〕事例問題5題程度、1題につき小問は5問程度

【3級】
〔学科〕語群選択式(三肢)20問、三答択一式20問、計40問
〔実技〕事例問題5題程度。1題につき小問は4問程度
合否基準
100点満点で70点以上

お問い合わせ先 一般社団法人 金融財政事情研究会 検定センター
URL: http://www.kinzai.or.jp/ginou/teller/

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年4月20日 更新