航空工場整備士

整備・点検を終えた航空機の各部分について、より専門的に細かくチェックし航空機の飛行の安全を確保する役割を担っているのが航空工場整備士です。年々航空機の機種のハイテク化が進んでいるため、知識や技術に関しても時代の流れに適した対応が必要とされます。

新型コロナウイルス感染拡大による資格・検定の中止・延期情報はこちら。
※試験・講座の情報が変更されている場合があるため、最新情報は必ず各資格・検定公式ページをご確認ください。

基本情報INFORMATION

実施日程
年2回(7月、3月)
受験料
〔学科〕 5,600円
〔実地〕 50,100円
〔登録免許税〕 9,000円
受験資格
18歳以上で、2年以上航空機の警備および改造の経験を有する方
試験会場
東京、大阪、那覇
試験方法
学科試験+実地試験
出題範囲
〔学科〕
①航空工学 (航空力学および航空機の取り扱い ほか)
②専門科目
③航空法規など

〔実地〕
①整備の基本技術
②整備および改造に必要な品質管理の知識 ほか

お問い合わせ先 国土交通省 航空局 安全部運航安全課
URL: http://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000298.html

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年7月8日 更新