メイクセラピー検定

メイクセラピー検定は、メイクすることによって単に外見を綺麗にさせるだけではなく、心理的なケアも行う、メイクセラピストとしてのスキルを認定します。試験では、メイクアップの技術だけでなく、化粧心理学など心理的面の知識・技術も問われます。美容業界で働く方はもちろん、自分に自信を持ちたいという一般の方の受験も増えています。

1年以内に受験

3級のeラーニングとセットで申し込みました。 日本化粧品2級の方が難しいです。

関連動画MOVIE

  • 活躍するメイクセラピストからのメッセージ 第2弾「メイクセラピー検定篇」です。

  • メイクセラピーを理解のために(全篇)「ある一人の女性の物語」フルバージョン

基本情報INFORMATION

試験級
【特級】
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
【特級】年1回(8月)
【1級】年2回(6月、11月)
【2級】年2回(6月、11月)
【3級】年3回(2月、6月、11月)
【3級(オンライン)】随時

<第57回>
2020年9月13日(日) ※特級のみ。
特級認定講座:9月11日(金)・12日(土)
<第58回>
2020年11月15日(日) ※1~3級のみ
※札幌2級…11月22日(日)
<第59回>
2021年2月14日(日) ※3級のみ
申込期間
【3級(オンライン)】随時
詳細は公式ホームページをご確認ください。
https://www.maketherapy.com/onlinejyuken/
受検料
【特級】13,200円
※認定講座受講料:58,300円
 モデル料:11,000円
【1級】11,000円 ※再受験:7,150円
【2級】8,800円 ※再受験:5,500円
【3級】5,500円
受検資格
【特級】1級合格者、活動報告書提出、認定講座受講
【1級】2級合格者
【2・3級】どなたでも受験できます
試験会場
【特級】東京
【1級】東京、大阪
【2級】〔筆記〕在宅〔実技〕札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡 ※6月は東京、名古屋、大阪のみ
【3級】在宅
【3級(オンライン)】インターネット環境があればどこからでも受験できます。
試験時間
【特級】80分(筆記30分+実技50分)
【1級】90分(筆記50分+実技40分)
【2級】90分(筆記60分+実技30分)
【3級】60分
試験方法
【特級】筆記試験 (記述式)+実技試験
【1・2級】筆記試験 (マークシート+記述式)+実技試験
【3級】筆記試験 (マークシート)
【3級(オンライン)】選択肢形式

※実技試験:クライアント役のモデル(受験者が用意する)にメイクセラピー手法による半顔メイクを施します。
※評価項目は各級で異なります。
難易度
【特級】プロのメイクセラピストとして活躍できる
【1級】関連業界でメイクセラピーを活用できる
【2級】関連業界のセカンドライセンスとして活用できる
【3級】メイクセラピーの概要が理解できる
出題範囲
①心理関連: 化粧心理学・メイクセラピー的心理学
②コミュニケーション: 人間関係論
③色彩関連: 色彩心理学・色彩学・パーソナルカラー概論
④メイクアップ関連: 皮膚学・スキンケア概論・メイク理論
⑤カウンセリング関連: カウンセリング概論

お問い合わせ先 一般社団法人 メイクセラピストジャパン メイクセラピー検定事務局
URL: http://www.maketherapy.com/

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年8月3日 更新