マイナンバー実務検定

マイナンバー検定試験は、マイナンバー法およびマイナンバー制度を理解し、正しく取り扱うことができるかを認定します。この資格を取得することで、マイナンバー制度についての知識を有することが証明でき、特にマイナンバーが関連する仕事を行っている方は、その管理業務において評価されるでしょう。

基本情報INFORMATION

実施日程
<第19回>
2019年9月8日(日)
申込期間
<第19回>
2019年8月1日(木)まで
申込方法
インターネット・郵便
受験料
【1級】10,000円
【2級】8,000円
【3級】7,000円(各税抜)
※2019年9月開催の第19回試験より、3級の受験料は7,000円に変更されました。
試験会場
全国主要都市
詳細は公式サイトをご確認ください。
試験時間
【1級】120分
【2級】90分
【3級】60分
試験方法
マークシート方式
問題数
【1級】80問
【2級】60問
【3級】50問
出題範囲
詳細はこちらをご確認下さい
http://www.my-number.or.jp/naiyou.html
学習の手引き
詳細はこちらをご確認下さい
参考書籍:http://www.my-number.or.jp/reference_book.html
学習書籍:http://www.my-number.or.jp/study.html
合否基準
70%以上
備考
●「マイナンバー実務検定1級合格者」を対象に、「個人情報保護法の知識や様々な安全管理措置」に関する知識を持つ人材を、マイナンバーの管理士として認定しています。認定の方法は以下の3点が必要です。
①マイナンバー実務検定1級合格者で、かつ、個人情報保護実務検定1級または個人情報保護士認定試験合格者の方
②当協会が指定する個人情報保護法および安全管理措置に関する認定講習会を受講
③講習会受講終了後にレポート作成し、審査に合格した方を「マイナンバー管理士」として認定


●「マイナンバー実務検定2級合格者」を対象に、「個人情報保護法の知識や実践的な指導の方策」に関する知識を持つ人材を、マイナンバーの実務主任者として認定しています。認定の方法は以下の3点が必要です。
①マイナンバー実務検定2級以上の合格者
②当協会が指定する個人情報保護法の知識や実践的な指導の方策に関する認定講習会を受講
③講習会受講終了後にレポート作成し、審査に合格した方を「マイナンバー管理士」として認定


●マイナンバー実務検定1級または2級の合格者は、「個人情報保護士認定試験」を受験する際に加点申請をすることで課題Ⅰのみに4点が加算されます。
●マイナンバー実務検定2級以上の合格者で個人情報保護実務検定1級合格者は、個人情報保護士として認定されます。
※2017年11月以降開催の個人情報保護実務検定1級の合格者が対象となります。
申請は公式HPにてご確認ください。

お問い合わせ先 一般財団法人 全日本情報学習振興協会 
URL: http://www.my-number.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年7月11日 更新