犬訓練士

犬訓練士は、警察犬の育成を行う知識や技術を認定する資格です。犬の特性である嗅覚や利口さなどの能力を活かし、活躍させるために専門的な訓練を行い社会に貢献できる犬として育てるのが仕事です。犬を従わせる技能に加え、根気、協調性、生き物を扱うという責任感などが求められます。

試験級
【三等訓練士】
【二等訓練士】
【一等訓練士】
【一等訓練士正】
【一等訓練士長】
実施日程
各地域年1回
(ただし、申し込み者が集まり次第実施している)
申込期間
随時
受験料
12,000円 (税込)
受験資格
日本警察犬協会の公認訓練士は、【三等訓練士】【二等訓練士】【一等訓練士】【一等訓練士正】【一等訓練士長】の5階級があるが、まず【三等訓練士】の試験に合格後、規定の経験を積み段階的に昇格するシステム。受験に際しては、まず見習訓練士として協会の公認訓練士が経営する訓練所に入所し、受験のための実績をつくることが最も良い方法である。
※見習訓練士の修行期間は3~6年程度

以下に【三等訓練士】の受験資格
①18歳以上 (協会の会員)
②訓練の経験を有しこれに関係している人
③所定の訓練試験合格実績がある人
試験会場
日本警察犬協会本部、または支部連合会指定会場
試験方法
学科試験+実技試験
出題範囲
〔学科〕
①犬に関する心得
②犬学 (概論)
③訓練法
④繁殖
⑤飼育管理
⑥畜犬に関する法令と規則

〔実技〕
基礎訓練と応用

お問い合わせ先 公益社団法人 日本警察犬協会 本部
URL: http://www.policedog.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。