視能訓練士

視能訓練士は、人間の一生に関わる「眼」の健康管理を行う専門家です。主な業務は、病気や事故などによって視機能に障害が生じた患者に対し、検査や矯正訓練を行って視機能の回復を図ることです。有資格者の約9割が女性と、女性に人気なのが特徴です。

実施日程
2月下旬
申込期間
12月中旬~1月上旬
受験料
15,800円
支払方法
収入印紙
受験資格
①大学入学資格を有し、文部科学大臣が指定した学校又は都道府県知事が指定した視能訓練士養成所において、3年以上視能訓練士として必要な知識及び技能を修得した者(卒業見込みの者も含む)
②大学などで外国語・心理学・保健体育等を選択し、教育学・倫理学・精神衛生・社会福祉または保育のうち2科目を2年以上勉強し、指定施設などで1年以上視能訓練士として就業した者 ほか
試験会場
東京、大阪
出題範囲
①基礎医学大要
②基礎視能矯正学
③視能検査学
④視能障害学
⑤視能訓練学
結果発表
3月下旬

お問い合わせ先 厚生労働省各地方厚生局
または厚生労働省医政局医事課試験免許室
URL:http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月6日 更新