ITサービスマネージャ

ITサービスマネージャは、情報システムの運用・管理に関する専門能力を認定する国家資格です。業務システムを安全に稼働させ、障害が発生しても被害を最小化させるリスク管理、品質・コスト管理等が基本的な役割になります。この資格は、主にITサービスをマネジメントする業務で活かすことができるでしょう。

基本情報INFORMATION

実施日程
10月の第3日曜日
<2019年度>
2019年10月20日(日)
申込期間
<2019年度>
インターネット
2019年7月11日(木)~2019年8月14日(水)18時
郵送
2019年7月11日(木)~2019年8月8日(木)消印有効
受験料
5,700円(税込)
受験資格
どなたでも受験できます
試験会場
全国主要都市
試験時間
午前
①四肢択一の多肢選択式:50分
②四肢択一の多肢選択式:40分

午後
③記述式:90分
④論述式:120分
問題数
①四肢択一の多肢選択式:30問
②四肢択一の多肢選択式:25問
③記述式:3問
④論述式:2問
出題範囲
①サービスマネジメントに関すること
サービスマネジメント(サービスの要求事項、サービスマネジメントシステム、リスク管理ほか)、サービスマネジメントシステムの確立及び改善(導入計画の立案、導入と運用の実施、監視とレビュー、改善計画の策定と管理ほか) など
②サービスの設計・移行に関すること
新規サービス又はサービス変更の計画、設計及び開発、移行(アプリケーションシステムの受入れ、サービスの受入れ、サービス受入れ基準ほか) など
③サービスマネジメントプロセスに関すること
サービス提供プロセス(サービスレベル管理、サービスの報告、サービス継続及び可用性管理、サービスの予算業務及び会計業務、キャパシティ管理)、関係プロセス(事業関係管理、供給者管理)、解決プロセス(インシデント及びサービス要求管理、問題管理)、統合的制御プロセス(構成管理、変更管理、リリース及び展開管理) など
④サービスの運用に関すること
システム運用管理(運用管理、障害管理、障害時運用方式、パフォーマンスの調整ほか)、運用オペレーション(システムの監視と操作、稼働状況管理、ジョブスケジューリング、バックアップとリストア、構成品目の格納庫管理ほか)、サービスデスク など
⑤情報セキュリティの運用・管理に関すること
ISMS、情報資産管理、情報セキュリティインシデント、リスク評価、物理的セキュリティ、アクセス制御、ネットワークセキュリティソリューション など
⑥ファシリティマネジメントに関すること
ハードウェア・ソフトウェアの基礎テクノロジ、システム保守管理、データセンタ施設のファシリティマネジメント、設備管理 など

お問い合わせ先 独立行政法人 情報処理推進機構
情報処理技術者試験センター
URL:http://www.jitec.ipa.go.jp/


※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年8月6日 更新